FC2ブログ

記事一覧

匠が作るエンジン 日産GT-Rは楽しい車

スーパースポーツのエンジンで、世界最強・最速の候補を車好きが上げると、日産GT-Rに搭載されたVR38 DETTは必ずあがるだろう。日産のGT-Rは発売50周年を迎える正確にはスカイラインGT-Rを含んでのことになりますが・・・それを記念した日産GT-R50周年記念モデルも用意されるそうだVR38 DETTの誕生は2007年ポルシェを意識したわけでは無いだろうが、車両とともにほぼ毎年改良し速さも味わいを増している。投資効率優先の現代にあって、...

続きを読む

名車のアイコンは丸テール 新型スカイラインは楽しい車

60年以上の歴史を持つ、日本の名車スカイライン 元々は、日本国内向けを対象にスタートした。スカイラインらしさを何処に感じるのか、多くの車好きはS50スカイラインから始まった丸テールと答える方がいらっしゃると思います。丸テールは、ケンメリスカイラインで4灯化して、スカイラインのアイコンとなったスカイラインは、日産を代表する高性能車として、高級車チャンネルのインフィニティから2001年に発売されたインフィ...

続きを読む

伝説を作った楽しい車 ハコスカ

日本車の歴史で、中心的な活躍を果たした車の中にハコスカがある。伝説の一つ市販車ベースのレースで50勝達成があるこの成績の原動力は、世界的に見て珍しい、純レースマシンのR380のGR8エンジンを起点とする6気筒 DOHC 2000CCの勝つ為のエンジンS20の存在が大きい最高出力(グロス):160ps/7,000rpm最大トルク(グロス):18.0kgf·m/5,600rpm そのエンジンを乗せた特別なスカイラインがGT-RGT-Rをフラグシップに、6気筒SOHC20...

続きを読む

街を走るレースベースの市販車は楽しい車 ネオクラシックカー

高性能を語る車は多い。では、高性能とは何だろうか?エンジン馬力の大きさ、車体剛性の高さと軽さの両立、凝ったサスペンション、実際の速さ、扱い易さ、以上の全てか?高性能を語る日本車と言えば、スカイラインが最初に思い浮かぶ。市販車をベースに作られた、特別な仕様が用意されていたからだ。1964年の日本グランプリを戦う為に作られたS54スカイラインGT-Bレース仕様車と謳う雑誌の宣伝スカイラインGT-Bは、市販車のスカイ...

続きを読む

日産スカイライン クラス最高の高性能は楽しい車

スカイラインの第3回です。バブル真っ只中の日本、このクラスの人気は、トヨタがソアラから流れをつくった、ハイソカーが人気だった。そこで日産も走りの伝統のスカイラインをハイソカーに振った。そのスカイラインが7代目の7thスカイラインR31型 1986年誕生マークⅡに先を越されて、誰もが待っていた日常使用の2000cc6気筒DOHC24バルブエンジン!しかもターボ付きもあり!!日本車初のダイレクトイグニッション、世界初のリアステ...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!