FC2ブログ

記事一覧

企業の未来 100年後のBMWグループの車達

歴史の深い企業は、世界中に沢山ある。その企業が、次の100年後には、どんな製品を顧客に提供したいのか。こんな難しいけれど、夢のあるチャレンジを、自動車メーカーのBMWは、2016年の創業100周年を記念して、実施しました。現代のBMWは、本家のBMW、MINIロールスロイスの3つのブランドから成り立っています。100年後のモデルは、各ブランド毎にヴィジョン・ネクスト100のコンセプトで作られました。あれから4年経った2020年、各...

続きを読む

チャンピオンが選んだスポーツカー BMW507は楽しい車

ジェントルマンのF1チャンピオンに、選ばれたスポーツカー、BMW507BMW507を選んだ、F1チャンピオンは、ジョン・サーティーズさんBMW507は、メルセデスベンツ300SLを仮想敵として開発され、V8OHV 3.2Lエンジンを搭載し、1956年から販売を開始された。150PS/5,000rpm24.0kgm/4,000rpmジョン・サーティーズさんは、このエンジンをキャブレター変更、圧縮比アップバルブタイミング変更などチューニングして170馬力を獲得、ブレーキも4...

続きを読む

チョップトップなBMWミニは楽しい車

車は低い姿勢がカッコが良いと感じる車好きが多いそんな車好きは、足回りをローダウンしたり過激な車スタイルは、屋根を切って全体の姿勢を低くします。これがチョップトップです。自動車メーカーがこんな車好きのムーブメントに乗っかって、チョップトップを出した事があります。そんな1台が、BMWミニクーペです。ショートホイールベースのボディーのショルダーから下はそのままに、ルーフをチョップしたBMWミニクーペ僕はカッ...

続きを読む

忘れられないクーペ BMW6シリーズは楽しい車

整ったデザインで車好きを魅了するザ・クーペBMW6シリーズ1976年、ジュネーブショーでデビューした美しいクーペBMW630CSと633CSi誕生から40年以上経たがその美しさは枯れることは無い むしろ、複雑なプレスラインが入った現代の車と比べてシンプルでクリーンなラインが際立ち本当に美しい。BMW6シリーズクーペの魅力はそれだけでは無い、当時からBMWの特徴の直列6気筒エンジン M30B32型 3.2L OHC直列6気筒エンジン当時BMWには、...

続きを読む

味の濃さはこれが一番 BMW135iは楽しい車

ドライバーへ運転の楽しみを約束する車BMW最近のBMWのラインナップの中で、僕が運転の楽しみ、つまりBMWの味が濃いと思う車は、2008年から2014年まで発売されていたBMW135iです。筋肉質のデザインの135iクーペスマートなデザインが多いBMWの中でチョット異質、車雑誌ではブサカワなんて言われたりしていますが、僕も同感です。BMW135iのハイライトは、何と言ってもエンジン、BMWの味の中心になります。BMWが拘って続けている、伝...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!