FC2ブログ

記事一覧

日本のカロッツェリア 楽しい車達

カロッツェリアと聞くと、イタリアのデザインエンジニアリング会社をいくつも思い浮かべます。ピニンファリーナベルトーネビニヤーレイタルデザインギアザガートツーリング・・・・車好きは、カロッツェリアの名前を耳にしただけで、何台か車名やデザインが頭中に浮かぶ事と思います。そんなカロッツェリアですが、主にイタリアで経験を積んだ辣腕デザイナーの日本人が日本の東北、山形県で、カロッツェリアのビジネスを2006年から...

続きを読む

少年マンガの楽しい車達

1970年代、中学生はほぼ皆、少年マンガを読んでいた。少年マンガは、流行を作り出す力を持っていた。少年ジャンプが作り出した流行の一つは、サーキットの狼が起点となったスーパーカーブームです。サーキットの狼には、数多くの名車が登場しました。当時の少年ジャンプでは、スーパーカーの紹介ページがあったりして、そこから自動車ファンになった少年もいました。僕の友達だったY君は、典型的な例で、サーキットの狼が始まるま...

続きを読む

コンテニューションで楽しむ名車 コブラは楽しい車

伝説の駻馬(かんば)と言えば、フェラーリ!が定番です。駻馬=暴れ馬にピッタリな車は、アメリカ車のACコブラでは、ないでしょうか。映画爆速5000kmのACコブラ伝説のACコブラの誕生は、1960年代の始めのこと。イギリスのACカーズという自動車メーカーが販売していたエースという名の小型オープンスポーツカーがベースでした。当時も今もイギリスではエンジンを他メーカーから購入し自社シャーシに乗せた車を販売するガレージメ...

続きを読む

6ホイールがアイコン パンサー6は楽しい車

日本ではスーパーカーブーム後半の1977年6輪ホイールのF1のタイレルP34からインスパイアされたと言われる6ホイールのスーパーカーがイギリスのパンサーから発表された。F1マシンのP34当時、中学生だった僕達は、パンサーというメーカーを知らず、キワモノの様に思ったが、そのエンジンスペックには驚いたことを覚えている。キャデラックのOHV V8 8.2Lにツインターボ過給600馬力と言われていました。シャーシレイアウトはミドシッ...

続きを読む

ルマンに挑戦した日本車 DOME RLは楽しい車

スーパーカーブームの後半ジュネーブショーでスーパーカーを発表した童夢が1979年に今度はルマンにチャレンジすると言うスーパーカー少年だった僕と友人達は、その情報に興奮した。そのルマンレーサー童夢RLは抜群にカッコ良かった童夢RL 1979究極のウエッジシェイプヨーロッパのルマンマシンと比べても、僕達は童夢の方が断然カッコ良いと思った。最後列に並ぶ童夢RL今、見ても個人的に手前に並ぶポルシェ勢よりカッコ良いと思...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!