FC2ブログ

記事一覧

復活するパンテーラは楽しい車

1970年代のスーパーカーブームアメリカンV8とイタリアンデザインが融合した車の一台がデ・トマソ パンテーラです。初代パンテーラのデザイナーは1934年、米国デトロイト生まれのトム・チャーダさん、トムさんの父親のジョン・チャーダさんは、流線形ブームの発端となったとされる1936年リンカーン・ゼファーのデザイナーだった。だから、トム・チャーダさんはデザイナーのサラブレッドコルベット ロンディーヌも作品の1台です。...

続きを読む

特別な車の更に特別 レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージは楽しい車

トヨタのお膝元の名古屋だから、特別な車を見る事が出来るJR名古屋駅そばのレクサスギャラリーにてレクサスLFAニュルブルクリンクパッケージに出会いました。レクサスのスーパースポーツカーLFA更に特別な生産台数50台のニュルブルクリンクパッケージメディアに公開されたニュルブルクリンクパッケージはオレンジ色でしたてっきりオレンジのみと思っていたら今回、名古屋で見たマットブラックもオーダー出来たそうだホイールはメ...

続きを読む

懐かしいスーパーカーは楽しい車

1975年、週間少年ジャンプに、皆がハマった、あの漫画サーキットの狼の連載が始まった中学生だった僕と友人達は、ドハマりし、プラモデルで脳内のサーキットの狼を再現どのマシンが好みか、スーパーカーは個性的だからバラけます1番人気は、ヤッパリこれだったと思います。ランボルギーニ・カウンタック人気を2分するのは、フェラーリ365BB写真は512BB Iそして、もう一台スーパーカーマニアはこの車を選ぶと思いますランボルギー...

続きを読む

バイクのヤマハの楽しい車

ヤマハ発動機と言えばバイク2019年モトGPマシンYZR-M1そんなヤマハは、自動車を作ろうとした事が何度もあります。皆が知っているヤマハ製の車は、トヨタ2000GTです。設計はトヨタでした。バブルの時代、ヤマハが設計から手掛けた、スーパースポーツがあります。OX99-11です。この車のコンセプトは、F1に最も近いスーパースポーツエンジンは、当時ヤマハがF1に供給していたエンジンをディチューンしたV型12気筒3.5L DOHC 60バル...

続きを読む

アメリカンスーパースポーツ ベクターは楽しい車

1980年頃、アメリカのカーマガジンの日本語版、カー&ドライバーに、キツイ、ウエッジシェイプのスーパースポーツが紹介された。僕は、アメリカらしいスーパースポーツへの成り立ちに、納得した事をはっきりと覚えている。その車が、ベクターW8です。この写真は、ベクター社とW8ステルス戦闘機などない時代F117を先行した様なデザイン勿論、自動車のベクターにレーダー波の反射特性を考える必要はありませが・・・ベクターW8...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!