FC2ブログ

記事一覧

三菱ランサーは楽しい車 ランエボはこから始まった

1980年代に入った日本、排気ガス規制適合に目処が付いて、走りを売りにする車が増えてきました。そこに、1981年三菱がヨーロッパ仕様のランサーに、4気筒SOHC 2000ccターボエンジンを乗せて、170馬力で出して来た。これは衝撃的、日産やトヨタは、6気筒SOHC2000ccターボで145馬力、これを大幅に超える170馬力、しかも、吊るし状態で本格的な、エアロパーツを装備これ、日本でも乗れるのか、先輩達と盛り上がったことが、懐かしい...

続きを読む

新しいブランドの顔 三菱は楽しい車

最近では、どこの自動車メーカーでも、ブランドを意識して、車の雰囲気をフルラインで統一する事が、多くなりました。三菱も最近、ダイナミックシールドなる勇ましい名前のデザインに新型から変えています。タイで発売のピックアップトラックトライトンもこの流れの顔でデビュー全体のデザインはシャープかつスポーティな印象ダイナミック日本では、デリカがマイナーチェンジでこのデザインになりました。そして、EKクロスも・...

続きを読む

三菱は何処へ行くのか 楽しい車ランサーエボリューション

企業活動は栄枯盛衰、自動車の世界でも同様です。1950年代、力のあったイギリス、今では、イギリス全ての自動車メーカーが外国資本、1970年代まで力のあったアメリカも、ビッグ3と言われた一角のクライスラーが、イタリアのフィアット資本になり、何でもありの様相です。日本では、ゼロ戦を開発製造した、技術志向で鳴らした三菱は、ルノー・日産グループへ組み入れされた。 その三菱の車とは何か・・・車好きは、これぞ三菱...

続きを読む

三菱のハイエンドスポーツカー GTOは楽しい車

ハイエンドの製品は、時としてメーカーの技術力を示すフラグシップとして、製品化が優先されたりします。三菱GTOは、バブル時代に、既存のFF乗用車ディアマンテのプラットホームを利用して、買いやすい価格のフラグシップスポーツとして、製品化された事が、素晴らしい。1990年誕生 三菱GTOこんな生まれだったからか、当時は、張りぼてのスポーツカー、横置きフロントエンジンで、フロントヘビー、鈍重な反応、曲がらないスポーツ...

続きを読む

80年代に三菱が見せた未来  HSRは楽しい車

80年代後半、東京モーターショーで、毎回、楽しみにしていた車の1台に三菱HSRがある。HSRとは、HighiySophisticated-     transportResearchの略、なんだそうだ。1987年誕生 初代HSRまず目に付くのがCd=0.20を達成したスタイル構成や素材も最先端、ボディパネルはケブラー製295psの2Lターボエンジン、当時、三菱が世界に発信したアクティブ4(フルタイム4WD、4WS、4ABS、4...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!