FC2ブログ

記事一覧

ピンチはチャンスか Alfa Romeo ARNA 

1971年、イタリアのアルファロメオから、革新的な小型車が生まれた、その車はスッド。フラット4エンジン、フロントドライブのシャーシレイアウトは、抜群の運動性を持っていた。ボディーデザインも、後にVWゴルフをデザインするジョルジェット・ジゥジアーロが手掛けた。発売されたアルファスッドは、低重心から得られる素晴らしいハンドリングは最高の小型車と絶賛された。しかも家族が快適に移動できる高い実用性も備えていた...

続きを読む

外しはオシャレ FIAT 130 Coupe は楽しい車

洒落たジャケパンで決めても、周りの皆んながジャケパンでは、オシャレにはならない今でも亡くなった事を惜しまれるFCAの前CEO、辣腕経営者だった、故セルジオ・マルキオンネは、公式の場面でもセーター姿を通した。ヒューゴ・ボスのセーターがマルキオンネのトレードマークになっていた。マルキオンネは、オシャレでセーターを着ていたのでは無いが、皆がスーツ姿の中で、唯一のセーター姿はマルキオンネの生き方を象徴していた...

続きを読む

低いボンネットの夢のミドシップカー FIAT X1-9は楽しい車

高性能を形にする技術にも流行がある1970年代は、F1のシャーシレイアウトがミドシップ中心となり、トラクションやコーナリングの高性能を得る目的でミドシップの量産車が世界中で開発された。その中で最も身近な一台は、イタリアのFIAT のX1-9ではないでしょうか。アメリカでは、フェラーリF1に被せたこんな広告を展開!FIAT X1-9は、そんなに速い車ではありませんが、低いノーズはF1イメージも感じます。低いノーズは、フロント...

続きを読む

小さな巨人 Fiat Abarth は楽しい車

ロードレーサーで通勤途中、国道を走っていると、背後から何とも気持ちの良い排気音が近づいて来るその車は、これ、フィアット アバルト595あまりの快音に、作り手の想いや、乗り手の気持ち良さを感じて振り返りました。フィアット アバルト595にはご先祖がいます。初代フィアット500のチューニングモデルです。日本では、この車が何と言っても有名です。ルパン三世のフィアット500緊急事態には、リアハッチを開けて、激速になる...

続きを読む

走りの情熱を伝える楽しい車 アルファロメオ・ジュリア

走りを歌う車は多い車好きの記憶に深く走りの良さを刻んだブランドにイタリアのアルファロメオがある。その記憶には、ジュリアのレースでの活躍と激しい走りが強烈に刻まれているのでは無いだろうかイタリア国有から1986年にFIAT傘下となったアルファロメオジュリアを好きな車好きからアルファロメオらしく無くなったと言われたりしていました。イギリスのあの車番組、BBCのトップギア、遂にアルファロメオが帰って来たと絶賛し...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!