FC2ブログ

記事一覧

救世主エラン カッコ良く楽しい車

  拘り過ぎて、儲かり難い製品を作ってしまう、走りの良さの為についつい入れ込んで、作り難く複雑になってしまう・・・ロータスも同じでした。そこで計画された車がエランです!あっ今流の自動車の様に質のコストダウンや安い部品への置き換えではありません。走りとコストが両立する設計にチャレンジしました。   製造の手間が掛かったエリートのFRPモノコックシャーシをやめ、プレス鋼板を溶接によって組み立...

続きを読む

快音の車は楽しい車

快音でオーナーを刺激する車があるそれはエンジンを掛けた途端に始まるものもあれば、レッドゾーン手前までエンジンを回した時の快音もある。僕の独断で快音の車を紹介します。エンジンを掛けた時の快音!E63AMGM156エンジン は 6,208cc の総排気量、DOHCのV8です。仕様により336~386 kW (457~525PS) の最高出力を発生する。このエンジンは1人のエンジニアにより組み立てられ、ヘッドカバーにエンジニアのサインが入った...

続きを読む

小さな高級車は楽しい車

高級車とはどんな車でしょうか?大きくて立派静かで乗り心地が良い内装の仕立てが上等皆が高級と認めたブランド人により高級車の定義は違うでしょう。小ささのメリットは、普段使いが出来る事でしょうか?見た目の立派さでは表現が難しい、小さな高級車にチャレンジした車を紹介します。BMC バンデンプラス プリンセス 1964年誕生  1100ccの小さなエンジン、けれどシリーズ最高の馬力仕様全長3.7mの小さな車体このベースへ&nb...

続きを読む

ドリームカーは楽しい車   ビュイック ルセーバーコンセプト

   ドリームカー???と思った方いるのではないでしょうか?ドリームカーとは、自動車メーカーが、時代の空気感、技術、姿勢、未来の姿を表した車です。  最近では、コンセプトカーと呼ばれている車がありますが、コンセプトカーは市販車に近く、夢の車の姿と少し違います。   現在では、自動運転車も現実的、カーシェアサービスなど車を持たないビジネスモデル提案も活発です。車に夢を重ねる人は少な...

続きを読む

ガレージから世界へ ロータスの夢 セブンは楽しい車

 世界中に車好きがいる。車好きの中には自分の手で車を作る人もいる。ロータス創業者のコーリン・チャップマンもその一人だ!1947年、大学生のチャップマンは副業で中古車販売をしていた。在庫のオースチンセブンが売れず、なんと自分でレーサーに改造する事を決めガレージで作成を進めた。1950年エンジン強化しロータスの名を付けた2代目のレーサーのマーク2は、シルバーストーンのクラブレースに優勝しチャップマンは有名...

続きを読む

イベントでも車は楽しい

車の楽しみ方は運転だけではありませんチューニングやレストア、ここまでヘビーに行く前にイベントへの参加があります。イベントと言っても有料から無料で何と無く集まるものまで、沢山あります。ゆる~いイベントとして、静岡県磐田市のエコパサンデーランを紹介します。毎月第1日曜日にサッカーワールドカップを行なったエコパスタジアムの駐車場に、名古屋や東京からも個性的な車が集まります。ほんの一部を紹介します!ジャガ...

続きを読む

アメリカのアイコンだった   1959年キャデラックは楽しい車

その国の嗜好がハッキリと車に 現れる時がある1959年キャデラックがその代表作だ第二次大戦の戦勝国の自信、経済力でもダントツの世界一そんな強く夢のアメリカがデザインした1959年キャデラック!テールフィンが最大に生えた年が1959年です。この大袈裟で強烈なデザインは、好き嫌いがハッキリします。この時代のアメリカでしか成立しなかったデザインでしょう!この時代のアメリカを象徴する物として映画にも良く使われま...

続きを読む

アルピナは楽しい車  BMWがベースの芸術作品

   元々はタイプライターなどの事務機器メーカーだったアルピナ社。今では、年間生産台数、約1400台前後、手仕事のチューニングによる車の製造メーカーとなった。   現在、生産数の20%が日本向けなんだそうです。繊細な作り込みやスポーティで上品な乗り味、控え目の外観、日本人の琴線に響く内容ばかりです。よく本家製品のMシリーズと比較され、車好きのネタになります。控え目なエアロパーツお約束のカラ...

続きを読む

夢のロータリーエンジン車は楽しい車  熱い開発競争

   1957年世界中の自動車メーカーに衝撃が走った。ドイツのバンケル社とNSU社が燃焼室の爆発力を直接、ローターの回転運動として取り出す革命的なエンジンの開発に成功したと!、しかも、この技術をライセンス販売すると言う、世界中の自動車メーカーやバイクメーカーは、熱病に掛かった様に、ライセンスを結び開発を開始した。何だか、今の時代のEVシフト騒ぎの様にも・・・・そして生まれた車達は・・・・NSUバンケル...

続きを読む

フランス製の夢の超高級車 ファセルベガは楽しい車

;その国の最高責任者は、その国の最高の車を仕事に使っている。イギリスはロールスロイス・ファントム、ドイツはメルセデスベンツ・マイバッハクラス、日本はトヨタ・センチュリー、フランスはシトロエン発祥のDSだ。ほんの少し時代を遡るとフランスにはファセルベガと言う名の超高級車メーカーがあった。成り立ちは第二次大戦後、金属家具や自動車ボディーの製造で財を成した、ジャン・ダニノさんがフランス社交界に似合う車が無...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!