FC2ブログ

記事一覧

アーリーブロンコは楽しい車

スクリーンの中、キアヌリーブスが全開でかっ飛ぶ車は?これ!アーリーブロンコシンプルで何ともカッコ良し!!1966年に誕生したブロンコジープに対抗して作られた小さな車体●全長×全幅×全高/3863×1755×1809㎜●ホイールベース/2336㎜●車両重量/1700㎏●エンジン/V型8気筒 200馬力●排気量/302cid(約5L)●トランスミッション/3速コラムAT●乗車定員/4名この車のカッコ良さは今では皆が認めているレディガガもオーナーだそうだビ...

続きを読む

PHEVのSUVアウトランダーは楽しい車

知ってか知らずかEVシフトはヨーロッパ先行で日本は遅れているなどと騒ぐマスコミがいる。早くから EVにチャレンジしていた日本メーカーに三菱がある。現在、三菱はアウトランダーPHEVでラリーにもチャレンジしている。信頼性に自信があるからこそ出来るチャレンジだ!本格的に三菱がEVを製品化したのは、2006年のiM i EVだアメリカでも発売され、ハワイのアラモアナショッピングセンターで充電中のこの車を見た時には何ともクレ...

続きを読む

アウトドアで頼れる車は楽しい車 三菱デリカ

唯一無二と言われる物がある他に変わる物がない、独自の製品車にもそんな存在がある。遊び道具を沢山載せて、人も載せて山道や海辺の未舗装を難なく走る車は少ない日本車で最適なのは三菱デリカだ僕もスキーやMTBそれにキャンプで随分デリカにお世話になった。デリカスターワゴン 1986年誕生シートが小ぶりで、少し窮屈だったけれど、5人程度なら余裕でスキーキャンプの機材を飲み込んで、楽しく志賀高原へ行けた。デリカスペース...

続きを読む

フィアット・ムルティプラは楽しい車

自分の持ち物に拘りの有る方は多い。拘りは使い勝手だったり、デザインの素晴らしさだったり、人により違いがあり、それがまた、その人を語る事に繋がり面白い。自動車メーカーは、リスクを承知しながらデザインで自己主張のチャレンジをしている。競争市場で顧客へのアピールにデザインが最も重要だからだ。フィアットは1999年、奇抜なボディデザインのムルティプラを発売した。正にオリジナル小型ミニバンに、広く、明るくをテ...

続きを読む

E60 M5は楽しい車 エンジン屋の意地

製品には作り手の思想が現れる自動車は特にそれが強いなにを大切に車作りを続けて来たのかその考え方が車に現れる。エンジンに拘りを持つ自動車メーカーがある。その一つがBMWだ!近年のBMW車で、特にそれを表した車は、2004年誕生のE60型M5では、無いだろうか?E60  M5のエンジンはS85B50A 4,999cc V10 DOHC507馬力を7750回転で発生する高回転型エンジン。当時BMWは、F1の技術を市販車へフィードバックを戦略的に進めていた...

続きを読む

ゴツイ車は本物の楽しい車 ウィリスジープ

コンバットマーチに乗って現れる。サンダース軍曹の足車は、ジープです。先日のタミヤフェアの会場には、珍しいウィリスMBジープが展示されていました。なんとも質実剛健!道具なので当たり前ですが、愛嬌と本物を感じさせるこの顔!現行車でもこのジープ顔がアイコンです。ジープ・ラングラー・アンリミテッド立派なご先祖様のヘリテージをシッカリと受け継いでいます。今ではジープはFCA(フィアット・クライスラー・オートモ...

続きを読む

快音の車は楽しい車  マツダ787Bルマン・レーサー

1979年に始まったマツダのルマン24チャレンジ、ついに1991年、マツダ787Bにより優勝を勝ち取った。全ては、RX7 252iから始まった。ロータリーエンジンを物にした自動車メーカーは世界でマツダだけ!マツダはルマン24 にもロータリーエンジンでずっと、チャレンジしていた。787Bのエンジンは4ローターのロータリーエンジンR26Bエンジンスペックは総排気量:654cc×4最大出力:700ps/9,000rpm最大トルク:62kg-m以上/6,500rpm燃料供給...

続きを読む

楽しい車の楽しみ方 タミヤフェアから!

タミヤフェア2018で、出会った車好きの皆さんは、こんな楽しみ方をしていました。●Ferrari 365 GTB/4 Daytona僕の一番好きなフェラーリ・デイトナ!コンペティツィオーネ。ミニ四駆で作った方がいました。ミニ四駆にはデイトナはありません!デイトナに似たロングノーズ、ショートデッキのボディを利用して作られています。オーナーさんは、顔だけ何とか似せました・・・なんて、言っておられましたが、ソックリに再現しています...

続きを読む

楽しい車の楽しみ方 トヨタTS050ハイブリッド

車の楽しみ方、色々有ります。見る楽しみ!静岡で開催された世界のタミヤのタミヤフェアでは、2018年ルマン24 の優勝車、トヨタTS050ハイブリッド No.8を見る事が出来ました。TOYOTA GAZOO Racingのセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組が乗った本物!作る楽しみ!!タミヤフェアの会場を回ると、居ましたお好きな方!!!ミニ四駆で作った、2018年ルマン24 の優勝車、トヨタTS050ハイブリッドです。LEDの...

続きを読む

個性的な軽自動車は楽しい車 ネオクラシックカー

今や日本で、一番人気車はNBOX全ての軽自動車メーカーは、背高の軽自動車を用意しています。四角いデザイン故に、どの車も同じに見えるどれを買っても同じなんて、意地悪を言う人もいます。60年代、70年代、軽自動車は個性的でした!ホンダZ軽自動車でもスペシャリティこのリアスタイル当時は水中メガネと呼ばれた何にも似ていない当時のポスターはこれ!スズキ セルボ低い姿勢から日本のカウンタックとも言われました。元はこ...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!