FC2ブログ

記事一覧

駆け抜けるオシャレな車 BMWは楽しい車

今でこそビジネスはブランディングが大事と言われますが1970年代から、アートと車を結びつけたりして、ブランディングにしっかり取り組んでいた自動車メーカーはBMWです。BMW車の車体に新進気鋭のアーティストがデッサンしたアートカー僕は、これがダイスキでした。それから、E30 M3レーサーのカラーリングもオシャレ!アンディウォーホールがペイントしたM1このBMWワークスカラーがまたカッコ良い流石、BMW!何時迄も艶っぽ...

続きを読む

アメリカの高級車は楽しい車 ネオクラシックなキャデラック

グローバル化の流れは、色々な製品やサービスを均一化した。車もそうだ。特に高級車は、ドイツのメルセデスベンツBMWアウディの3社がトレンドを作っている。少し時代を遡ること50年、1970年代は、アメリカの高級車が強かった。例えばキャデラックです。巨体なボディスタイリング重視の設計アメリカ流の豪華な内装 巨大なボンネットエッジを立てながら、流れる様なプレスライン、この大きさだから成立する優雅なデザインク...

続きを読む

旧型が楽しい車 日産セドリックY30 ネオクラシックカー

1980年代、今では信じられないかも知れないが、初回車検の3年毎に、車を買い替える人がいた。特に高級車は、型遅れを気にする人が多かった様に思う、だから、新型が発売されると、旧型の中古車がワッと増える。当時の日産は、このワッと増えた下取り車をカスタムして、企画中古車として、販売していた。その車はY30型のセドリックとグロリアです。顔やお尻を、スポティーに味付けされた。当時の日本のフルサイズ、セドリックとグロ...

続きを読む

JDMは楽しい車 日本車の新たな文化

自動車はヨーロッパから生まれた。便利で楽しい車は、世界中に普及した。普及の中で、ヨーロッパ的な車、アメリカ的な車、日本的な車が、出来上がって行った。そして、出来上がった車を、車好きがカスタマイズする文化も出来た。1990年代に入って、日本車をカスタマイズするスタイルとしてアメリカからJDMが発信された。そのベースのスタイルは、日本の走り屋だったそうだ、何だか面白い!東京オートサロン2019の会場からJDMを紹介...

続きを読む

伝説のアルファロメオは楽しい車  ティーポ33/2ストラダーレ

20世紀、サッカーワールドカップの様に自動車レースが国別対抗の時期があった。だから、どの国の車なのか一目で分かる様に、ナショナルカラーが決まっていた。イタリアのナショナルカラーは赤!当時、このナショナルカラーを纏い、イタリア代表としてレースで戦ったのは?フェラーリではありません!1910年に創業したアルファロメオです。そのアルファロメオの作品の中で、僕は、ティーポ33/2ストラダーレが一番好きです。ティーポ...

続きを読む

最後のマークX GRMNは楽しい車

長い間、日本で選ばれていたセダンでしたが、ミニバンに主流を譲って久しい。噂では、ミドルサイズのFRセダン、トヨタ マークXが現行型で終了すると言う。東京オートサロン2019では、GRでチューニングした350台限定生産車されるマークXが展示されていました。特別仕様はボディー!本気なイジリこれをアフターで行なったら・・・一体幾らになるだろうか?そして6速のMTミドルサイズセダンでMTヤッパリ、スポーツはMT希少です!エ...

続きを読む

メルセデスベンツは楽しい車 威厳の真髄とは?

色々な国の国家元首がパレードや移動時に使用する車とは?テレビのニュースで良く見る映像では、メルセデスベンツが多いと感じます。メルセデスベンツのラインナップには、乗る人の威厳を強調する特別な車が作られていた。過去を遡ると、グロッサーメルセデスがあります。特にメルセデス・ベンツG4(W31)は強烈な個性があります。乗る人、見る人がメルセデス・ベンツG4(W31)を目の前にして威風堂々を感じる。威厳を第一のデザイン特...

続きを読む

思い出のカラーリング 伝説のマシンは楽しい車

戦いの世界、レース成績が良いチームは、カッコ良いカラーリングが多い。当然だろう、成績が残せそうなチームに予算が潤沢なカッコ良いカラーリングのスポンサーが付くのだから!僕が過去、カッコ良いと思ったカラーリングを振り返ります。JPSカラー ロータスF1いつ見てもF1にハマるJPSカラータバコのスポンサー規制が残念でならない。マルティニカラー ポルシェ936このカラーもレースにハマる。このポルシェのプラモデルを何度...

続きを読む

最後のRX7は楽しい車 ネオクラシックカー

スポーツカーとは何か?速い車!大馬力のエンジン搭載!加速が気持ち良い!コーナリングが鋭い!速さを感じるデザイン!想い通りのレスポンス!スポーツカーとは、作り手の想いが車に現れる。スポーツカーに想いを込めて作り手続いている量産車メーカーの中に、日本のマツダがある。そのマツダらしさが凝縮されたスポーツカーが、最後のRX-7となったFD型だ 歴代で受け継ぐ、ロータリーエンジン、フロントミッドシップレイアウ...

続きを読む

ワルでカッコ良いマシンは楽しい車 ケン・ブロックのF150

あのスターと会える!本当なのか?そう!過激な走りで有名な、ケン・ブロックが東京オートサロン2019の東洋タイヤブースに現れた!感激の一言ケン・ブロックのマシンは、フォードF150改迫力の一言、正にワル 迫力のワイドフェンダーマットブラックのボディーカラーモンスターマークケン・ブロックのマシンは馬力は912HPあるそうだ!エンジンはWEC世界耐久選手権やル・マン24時間耐久レースを戦っているフォードGTと同じ3.5リ...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!