FC2ブログ

記事一覧

良き時代のアメリカ車 グラントリノは楽しい車

多民族国家アメリカ、同じ国に暮らす人々でも、暮らしぶりも好みも全く違う選ぶ車も同様・・・グラントリノと言う車名の映画がある監督、主人公はクリント・イーストウッドが兼ねる。主人公は良い意味で昔気質、悪い意味で偏屈なアメリカの老人コアルスキー、彼の愛車はアメリカ人の魂の車フォードF150 そしてもう一台、映画の題名になっているグラン・トリノ主人公がフォード社員時代に自分で組み立て新車からのワンオー...

続きを読む

日本初が嬉しい 430グロリアは楽しい車 ネオクラシックカー

昭和の日本のフルサイズカーは、5ナンバーサイズが中心でした。今では小さいと言われる5ナンバー、このサイズで立派に見せる為に、エッジを立てたデザイン、サイズ一杯のボディー、今見ると味がある。1979年 誕生 430型 グロリアデザイン段階では、こんなにスタイリッシュ!実車もエッジがシャープなデザインが斬新でした。そのボディーに、日本初のエンジンが2種、搭載された。●LD28ディーゼル 6気筒2800ccOHC最高出力:91ps...

続きを読む

日常のお供になる356  レボリューション・スピードスターは楽しい車

スポーツカーと言えば、ポルシェと返す人が多い高性能、精緻なメカニズムポルシェでないと体験できない世界があります。けれど、モデルチェンジする度に、複雑になるポルシェシンプルな356が魅力的と言う自動車好きもいます。356のスタイルで、現行車並みに手間いらずの車、こんな車があれば・・・欲張りな車好きへレボリューション・スピードスターがあります。レボリューション・スピードスターのベース車両は、ポルシェボクス...

続きを読む

SUVなんて言葉が無い時代の楽しい車 日産テラノ

SUVって何?sports utility vehicleの事ですが、そんな言葉がまだ無い時代、1986年にテラノは誕生した。アメリカにある日産のデザインスタジオNDIで素晴らしいデザインがされた。30年以上経た現代で見ても綺麗で力強さを感じる。素晴らしいデザインアメリカではパスファインダーと名乗り大人気となるベースは日産伝統のダットサントラック街に生きる4WD特にデビュー時の2ドアがスポーティを強調する。出かける気分が明るく楽...

続きを読む

360ccのど根性 ダイハツ、フェローMAXは楽しい車

速い車が魅力的な時代があった、それは、360ccの軽自動車でも、同じでした。1970年 ダイハツフェローMAX SSは、軽自動車パワーウォーズの最後を締める、ど根性の40馬力で誕生した。70年代のポップな宣伝アメリカでもこの年代はマッスルカーの時代こんなポップな広告!馬力は桁違い!クライスラーのヘミエンジンは最大出力431PS/5,000rpm、最大トルク67.7kgm/4,000rpm360ccでパワーウォーズ!今、振り返ると、なんとも微笑ま...

続きを読む

旧型が楽しい車 日産セドリックY30   星野インパルチューン

日本がアメリカの高級に憧れた、時代があった。その時代の日本製高級車は、アメリカの高級車を日本流に再解釈した様な、車や仕様が多かった。しかし、Y31セドリック、グロリアは、違った。スポーティな高級車へ、大きく舵をきった。この大胆なチャレンジが、ウケてY31は売れました。 日産は、下取りした旧型Y30の中古車を、Y31の人気にあやかる様にか、スポーティに改修し、特別な中古車として販売した。その車が、インパル63...

続きを読む

もう一つのシルビアは楽しい車 180SX

似ていない双子は、世の中にいます。車の世界では、双子や三つ子は、珍しくありませんが、似ていない双子は、あまり見かけない様に、思います。1989年、前年に発売されたS13シルビアのファストバックモデルとして、発売された兄弟が、180SXです。日本では、排気量1800ccエンジンを搭載。だから180SXです。マイナーチェンジで2000ccのターボと、ノンターボのエンジンに、変更されましたが、ネーミングは180SXのまま、でした。アメ...

続きを読む

最後のロータリーエンジン車は楽しい車 マツダRX-8

世界の自動車メーカーで唯一ロータリーエンジンを物にした自動車メーカーマツダ!そのマツダが最後に作ったロータリーエンジン車がRX-8です。ロータリーエンジン車は、マツダしか作り続け無かったから、RX-8は、世界最後のロータリーエンジン車となったわけです。このRX-8!エンジン以外にも特徴があります!カッコ良い4人乗りスポーツカーなんです。カッコ良い4人乗りスポーツカーを実現する為に、観音開きのドアを採用した。R...

続きを読む

プロの道具は楽しい車 ホンダの2代目?   N-VAN

血は争えない、まったく違った方向に進んだ親子、けれど何年か先に、同じ方向に向いて、進んでいた・・・・車の世界でも、長い間を経て昔のコンセプトをなぞった様な車に辿り着く・・こんなことがあります。1972年ホンダは、軽乗用車ライフをベースにボンネットを持った背が高いワゴンボディーのライフ ステップバンを発売した。当時、小学生の僕の周りでは、酒屋とガラス屋の同級生の家では仕事車兼、チョット家族車がステップバ...

続きを読む

イタリアンオープンスポーツカーの復活 フィアット124スパイダーは楽しい車

正確に覚えていないが、イギリスBBCのあの車番組、Top-gearのトピックスで、アルファスパイダーが、マツダロードスターをベースとして開発中!その誕生が楽しみと紹介された。ネット上にも、アルファスパイダーのリーク画像が上がった。1966年から1993年までの27年間作られた、FR駆動の小粋なアルファスパイダーFFベースで復活した、第2、3世代のスパイダーは、最初のスパイダーとは、何処違う、別の車と感じた車好きが多かった。...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!