FC2ブログ

記事一覧

色気の有る車 日産フィガロは楽しい車

何の為に車を選ぶのか、毎日の通勤の足、子供の送迎の道具、週末の相棒、子供の頃の夢を手に入れるなどなど、それぞれ理由があるだろう通勤や送迎が目的ならば、維持費が安いほど、節約した予算を貯金したりできます 。こんな流れで、家電の様な、カタログスペックと、どれだけ広いかライバルとどちらが見栄えがするのかこんな要件で、車を検討すると、背高の軽自動車が、ベストマッチ気が付けば、全ての日本の乗用車メーカーが、...

続きを読む

秘密基地になった楽しい車 

子供の頃に、何度も何度も、作った秘密基地場所を探して、材料を工面して、作りながら工夫して、作り上げる秘密基地、自分達しか知らない場所、だから秘密基地大人になっても、秘密基地を持ちたい、そんな男心を車を使って満たした、秘密基地を紹介します。お気に入りのバイクを乗せて何処までも!バイクを見ながら、バーボンをロックで、眠くなれば、そのままベットでグッスリ、明日は、早朝の峠を楽しんで朝飯 一人、静か...

続きを読む

突然の出会い レクサスLFAは楽しい車

生産台数が少ない、普段、見かけない、希少な車があります。名古屋駅の側にある、トヨタ直営のレクサスブースにて、生産完了した、レクサスのスーパーカーLFAと再会しました。ブースでは、凄く控えめに、LFAの開発ノートのビデオが、流されて、あの快音をとても小さな音量で、聴くことが出来ました。LFAを語ると、デザインの美しさでは、この車より評価が高い車はある。けれど、このデザインの必然性は、車を見ただけで、とても...

続きを読む

思い出の赤いファミリアは楽しい車

1991年の日本、バブルがはじけて、世の中は、少し前の自分を振り返ろうとしていた。そんな思いを察してか、ホイチョイプロダクションは、映画、波の数だけ抱きしめてを作った。映画は、教会の結婚式シーンから始まる。ヒロインは中山美穂バックに流れるユーミンの心ほどいてが、このシーンにとてもハマる。主人公が今も心を寄せる、学生時代から好きだった、女友達の結婚式・・・・この結婚式が終わり、主人公は男友達とN Aロー...

続きを読む

帰って来たスープラは楽しい車

遂に発売された、A90スープラ、オートモビルカウンシル2019の会場で現車を確認しました。東京オートサロン2019では、カモフラージュされており、顔付きなどは、良く分からなかった現車は写真よりズット魅力的に感じました。お尻は、中々の迫力!力強さを感じるデザイン6気筒エンジン車のRZグレードは最初の生産分は、既に売り切れの人気だそうだ。前作の80スープラと比べてどうだろうか、 僕は、A90スープラに、凝縮感...

続きを読む

スポーティなお尻 ポルシェ911は楽しい車

世界中の車好きがスポーツカーと認めるブランドに、ポルシェがあります。何処にスポーティを感じるか、リアエンジンのポルシェだから、大きなお尻に、スポーティを感じる方は多い。僕もその一人です。キュッと絞ったお尻に、張り出したリアフェンダー、太いタイヤこんな処に、アスリートの身体の様な筋肉を感じる。ポルシェの生産ライン1980年代だろう、手前から2台目はターボでしょうか、張り出したリアフェンダーが目立ちます。...

続きを読む

ルパンの車 FIAT500は楽しい車

小ささが卑屈にならない、この車でしか、味わえない世界がある、そんな素敵な小型車、FIAT500 僕もブログに何度も書いていますが、今回取り上げたのはオートモビルカウンシル2019に珍しいワゴンボディーを見つけたからです。レンガ色にアイボリーのアクセント、なんと雰囲気があることか!当時のカタログ本国、イタリアでは、FIAT500のイベントが盛大に行われる町中に溢れんばかりにチンクエチェント!如何に皆に愛されて...

続きを読む

レプリカで楽しむ ポルシェ356は楽しい車

シンプルに走りを楽しみたい、ポルシェに乗りたい、こんな思いの方は多い、実は僕もその一人です。現行車でも、ケイマンやボクスターと言う選択もありですが・・・頭から離れないのが、356です。僕のブログでも、何度も紹介している356ですが、先日のオートモビルカウンシルでも、ポルシェ356レプリカに出会いました。アメリカ フロリダのこの会社調べて見ると、製品ラインナップにはポルシェ356以外にも、MG-TDのレプリカもあって...

続きを読む

世界が楽しむJDM トヨタマークⅡは楽しい車 

無くなってみて、気がつく魅力がある。身近にある物や普段の生活のお供ほど、無くなってから、あの時は良かった・・・とか、ベースとしての魅力に気がつくことがある。日本で現役時代、失礼ながら、おじさんのお供だった、マークⅡ4年程度のスパンでルーティンのモデルチェンジを繰り返していました。マークⅡ 90系 1992年誕生100系 1996年誕生このマークⅡが、中古車として世界に輸出され、日本車をベースにして、カスタムを楽し...

続きを読む

オートモビルカウンシルは楽しい車が一杯 懐かしい日産セドリック

子供の頃の記憶は、ある意味、鮮明です。僕の生まれた実家は、路線バスの終点でした。終点なので、バスは折り返し運転になります。その折り返し場所に、自動車教習所がありました。教習車は、日産セドリックです。初代の縦目と後期の横目両車がズラリ、30台以上並んでいる姿は壮観で、この姿を見る為に、一人で歩いて教習所へ、チャッカリ待合室にも入り、教官も知り合いに、おう坊主、また来たのかと常連でした。だから、初代...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!