FC2ブログ

記事一覧

チョット不便な本物は楽しい車 トヨタランドクルーザー60

最新型は旧型のネガを改良される事が普通です。だから、大体の場合は最新型が使い易く便利です。けれど、敢えて不便な古い道具に魅力を感じて、それを使う事に満足する事があります。古い赤ランタン、ベルスタッフの雨具、履き込んだ、レッドウイングのワークブーツ車もチョット古い車がたとえ不便でも何故か魅力的に見えるそして、不便を使いこなすことが、とても楽しいそんな車の一台がトヨタランドクルーザー60四角くシンプル...

続きを読む

アウディのヘリテージ レコードカーは楽しい車

第2次世界大戦前、アドルフ・ヒトラーは、国威発揚を目的にレコードカーによる最高速度の挑戦を、アウトウニオン(現アウディ)とメルセデスベンツに命じた。アウトウニオンが作ったレコードカーで最も有名な車は、1939年に公道上で世界初の時速400キロオーバーを達成したタイプCだろう。Auto Union Type C StreamlinerタイプCを中心にアウトウニオン:現アウディのレースマシン達純粋に速く走る為に作られた車無駄が無く本当に美しい...

続きを読む

ブランドヘリテージのモチーフはボンネットに あり メルセデスベンツは楽しい車

ブランドのヘリテージを現行車の何処へ何を盛り込むのか最近のメルセデスベンツブランドの高性能車では、往年の名車のアイコンがデザインに使われています。今や伝説のスポーツカー、メルセデスベンツ300SLこのボンネットの盛り上がり、300SLの特徴の一つです。分かり易いアイコンでもあります。2009年AMGは300SLを現代に蘇りをさせた。それがSLS AMGだボンネットにはあのアイコンがある。今では、現行型のSクラスクーペカブリオ...

続きを読む

JDMスープラは楽しい車

BMWと共作のA90スープラが発売され17年ブリに復活するスープラに、日本もアメリカもお祭り騒ぎの様です。一つ前の80スープラは発売から20年以上経ていますが、今も人気が高い、その理由の一つにアメリカでのJDM、Japanese domestic marketのムーブメントで、ベース車として人気なことイジられたスープラを見てみようノーマルのカッコ良さを生かしたカスタム古典的なロングノーズリアフェンダーの盛り上がりグリーンのカスタムカ...

続きを読む

少なくなったアメリカンステーションワゴンは楽しい車

ファッションには流行がある車のボディーデザインも同じです。80年頃まで、アメリカのファミリーカーはワゴンボディーが多かったです。今では、SUVに置き換わりました。振り返ると、個性的なワゴンが沢山、発売されていました。今では廃止された、GMのオールズモビルディビジョンのワゴンシャープなボディーデザイン、旅心を擽ぐるオシャレなワゴン今見ても、グラスルーフがとってもモダンOldsmobile Vista Cruiserこれは、今は...

続きを読む

未だにドキッとする奇抜なデザイン シトロエンC6は楽しい車

先日の大雨、交差点脇で雨宿りしていると、珍しいシトロエンC6がやって来ました。渋滞で僕の目の前で暫く停車、やっぱり、この車のデザインは頭抜けています。エボーレット(肩飾り)ランプ、極め付けはリアウインドガラス、雨降りなら余計に目立ちます。このシトロエンC6、誕生は2005年、何と14年も経ったのに、その存在感は中々の物です。このコンセプトモデルC6 LIGNAGE(リナージュ)が1998年のパリサロンで発表された時は、シ...

続きを読む

カッコ良いアメリカンバンは楽しい車

1970年代のアメリカビックでカッコ良いアメリカンバンが大活躍していました。デカくて頼れるバンこれだけデカイと何でも積んで遊びに行けますこのカラーがまた良し!ショートボディーはこんなにスポーティアメリカンバンと言えばバニングメーカーの宣伝でもこの乗りSSストライプもアメリカンバンは決まるエンジンもV8!このスタイルでV8のドロドロサウンドを響かせて街を流せば何時も気分は上向きこのカラーリングのセンスやっ...

続きを読む

ブランドヘリテージの継承 メルセデスベンツSクラスクーペは楽しい車

新しくなっても、あの会社のあのモデルと、直ぐに分かるモデルチェンジを最近は見かけますその訳は、ブランドヘリテージを大切にしているからではないでしょうか黎明期から、ヘリテージを大切にして、継続しているメーカーやモデルがあります例えば、1951年に誕生したメルセデスベンツW111 280SEクーペ豪奢な世界を魅せる高級車のクーペモデルこのエレガントなルーフラインいつ見ても素敵です。2014年誕生メルセデスベンツC21...

続きを読む

ルーズな高級車は楽しい車

最近は、ドイツ味が標準になった高級車の味付け折り目正しく座って、ビシッと走るこれは気持ちが良いけれどゆったりと、ルーズに行きたい時もあるそんな時、旧世代フルサイズのアメリカ高級車が良いキャデラック外洋を流すクルーザーの様な、ゆったりとした乗り味ハンドリング?そんな事いいじゃないか、ゆったり行こうぜ!フカフカのモケットシートに包まれると、折り目正しく座るドイツ車がとても窮屈に感じるルーズな空間の心...

続きを読む

峠の王者は楽しい車 ホンダシビックEG6

日本が熱かったあの時代、1991年世界最強の1600ccのエンジンを提げてEG6ホンダ シビックは誕生した今でもアメリカでJDM、Japanese domestic marketのムーブメントで、ベース車として人気だ。誕生から30年近く経っているがシンプルなデザインが、今では新鮮に見えるしかも、今なら中古車はお手頃だけれど スポーツシビックの名前は伊達では無い誕生した時代には、走り屋の定番だった。EG6現役時代の全日本ツーリングカー選手権(...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!