FC2ブログ

記事一覧

ガレージは車好きの憧れ 楽しい車

お気に入りの車を手に入れたら、一緒に過ごす場所が欲しいそんな車好きの夢を実現した素敵なガレージを紹介します。それぞれのガレージには物語があります。素敵なガレージだからチョット想像も働きます。ザ・アメリカンガレージ3台のホットロッドの棲家正に大人のオモチャ箱1日中いても飽きないそして、好き者の仲間を強力な磁石の様に引きつける魅力と秘密の世界たまりません。ひっそりと、郊外の山中の秘密基地ここに来て、今...

続きを読む

シルエットフォーミュラは楽しい車

市販車に似て非なるレーシングマシンシルエットフォーミュラ1976年国際自動車連盟 は、それまでのグループ5をシルエットフォーミュラとして連続24月間内に400台の製造を最低要件とし市販車イメージを残せば良いと再定義した。このシルエットフォーミュラ、街を走る車がレースをする錯覚もあって楽しかった。 何台か振り返ります。トヨタセリカこちらは30リフトバック張り出しフェンダー迫力の面構え当時のカッコ良さが変わり...

続きを読む

ヘビーデューティな楽しい車シボレーブレーザーとトラック

1970年代にアメリカから、ヘビーデューティブームが流れて来たLLビーンのガムシューズノースフェイスのダウンペンドルトンのジャケットこの時代はドル円レートが300円~180円だっただから、輸入品は今と比べて倍以上に高い感じだったチョット背伸びをして、こんなファッションを手に入れても、4WDのアメリカ車は、チョット背伸びでは、手に入らない存在でした。40年以上経った今、時代は巡りSUVが大人気だしかし、アメリカでは今...

続きを読む

美人に似合う楽しい車 トヨタ2000GT

乗って!美人のドライバーが叫ぶその美人の名前は女優の若林映子さん映画、007は二度死ぬ、の一場面車はトヨタ2000GTオープンこの映画の為に特別にオープンへ改造され作られた事は有名です007を助手席に乗せたトヨタ2000GTはRS40クラウンに追われて東京の街を激走する若林映子さんは、アキのと言う名前のスパイのサポート役素敵なサックスカラーのノースリーブワンピースを着て相撲場へ、なんとここが007との秘密の落ち合い場所...

続きを読む

復活するパンテーラは楽しい車

1970年代のスーパーカーブームアメリカンV8とイタリアンデザインが融合した車の一台がデ・トマソ パンテーラです。初代パンテーラのデザイナーは1934年、米国デトロイト生まれのトム・チャーダさん、トムさんの父親のジョン・チャーダさんは、流線形ブームの発端となったとされる1936年リンカーン・ゼファーのデザイナーだった。だから、トム・チャーダさんはデザイナーのサラブレッドコルベット ロンディーヌも作品の1台です。...

続きを読む

今だからカッコ良い楽しい車 初代シビック

時間を味方に付けて輝きを増す車が有りますそんな車に、実用車の初代シビックがありますそんなシビックを現代で愛している車好きがいますこんな楽しみ方をしています。チョット車高を落として赤バッチを付けているのは、エンジンを触っているのでしょうブラックのホイールが足元を引き締めて只ならぬ雰囲気が漂うシビックフェンダーミラーを付けたJDM仕様のシビックアメリカでは、日本の当時仕様へカスタムがチョットイカした車と...

続きを読む

C8コルベットはミドシップの楽しい車

かなり前から噂に上がっていた、コルベットがモデルチェンジしました。噂通り、本当にミドシップになりましたチョットビックリです。そう思う理由は、実はGMがコルベットのミドシップ化を何度もチャレンジして見送っていたからです。1972年XP897SAE規格の角目4燈のヘッドランプが70年代を感じさせます。2シーターのミドシップレイアウトエンジンはGMが精力的に開発していた2ローターロータリーエンジンです。これでは、物足り...

続きを読む

ブリキのおもちゃの様に楽しい車VWバス

いつまでも、古びずに魅力的ですぐ側に居て皆んなを楽しませてくれるそんな車フォルクスワーゲンバス旅の友にも大好きな物と一緒にゆったりとした時を過ごす最高の時間勿論、キャンパーでキャンプも良しスタイルのあるキャンプを楽しもうバスにお揃いのキャンピングトレーラーを引いてスタイルのあるキャンプへこの位の装備があればグランピングも楽しめます秘密基地の様にドームシェルターにこもって自然の中で、オリジナルア...

続きを読む

特別な車の更に特別 レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージは楽しい車

トヨタのお膝元の名古屋だから、特別な車を見る事が出来るJR名古屋駅そばのレクサスギャラリーにてレクサスLFAニュルブルクリンクパッケージに出会いました。レクサスのスーパースポーツカーLFA更に特別な生産台数50台のニュルブルクリンクパッケージメディアに公開されたニュルブルクリンクパッケージはオレンジ色でしたてっきりオレンジのみと思っていたら今回、名古屋で見たマットブラックもオーダー出来たそうだホイールはメ...

続きを読む

セナのプレリュードは楽しい車

変化は突然やって来るデートカーと言われたプレリュードが突然、さあ走ろうか!とF1ドライバーのアイルトン・セナの言葉とともに変わった4代目となるプレリュード は日本ではバブル破壊後の1992年に発売された3ナンバーサイズのボディーリアのおむすび形のランプホンダは変えるときには、今までのイメージを否定する様な大幅なモデルチェンジをします4代目プレリュードは正にそんな車でした。4代目プレリュードは車好きからセナ...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!