FC2ブログ

記事一覧

チョットブレイク モリゾウさんはカッコ良い

世界で1、2位を競う自動車会社の社長にして、車好きのモリゾウさん。東京モーターショー2019で、メガウェブ内のカフェに寄るとモリゾウさんがカフェラテに・・・・お店の方は、Dを選べばカフェラテの絵がモリゾウさんになります。どうぞオーダーして下さいと・・思わず遠慮してしまいましたが、この遊び心が凄いです。カフェの壁には、ニュルブルクリンクサーキットの絵が漫画の様に描かれています。その絵には、レーサー達のサ...

続きを読む

もの造りと楽しい車

モーターショーの危機、こんな声が叫ばれるなかで東京モーターショー2019が開催されました。今回は、将来の車好きを育てる為か、子供対象のキッザニアが、大きなスペースを取って各自動車メーカーもブースを構えて行われました。この中で、一番印象に残ったのはマツダのブースに貼られたスローガンです。聞けば、マツダの作業現場に貼られているその物を外して持って来たそうで、現場の本気と迫力が伝わります。コストダウンで現...

続きを読む

カモメマークのピックアップトラック マツダBT-50は楽しい車

洗練のデザインでプレミアムブランドを目指すマツダ日本では、ドル箱のミニバンを廃止するプレミアムブランドに相応しいラインナップに変更したマツダ。アジアオセアニア地域では、既存顧客を大切に考えて、ピックアップトラックをフォードからのOEMを受けてBT-50を販売しています。日本でも、マツダは軽自動車のOEMをスズキから受けています。大きなマーケットは、ヤッパリ外せないのでしょう。BT-50には、こんな仲間がいます。...

続きを読む

素晴らしい素材 トヨタ プロボックスは楽しい車

商用車はプロの相棒毎日の仕事に何事も無く淡々と応える。酷使してもへこたれない故障知らずの頼もしい奴こんな商用車が得意なトヨタ現行のラインナップに、5ナンバーのバン、プロボックスとサクシードがあります。この2台、シンプルで無駄の無いデザインが実にカッコ良いそれに気づいた車好きが、愛車として楽しんでいます。落とした車高レーシーなホイールこれだけでもグッとカッコ良くなります。この足周りが肝、実に似合いま...

続きを読む

夢のシャーシVW 楽しい車が作れます。

自分好みの車を作る時、ベース選びからスタートします。そんなベースに、良く選ばれるのが、VWのビートルです。ビートルのベアシャーシから生まれた車はビックリするほど多彩です。ビートルを分解すると、こうなります。ベアシャーシはこれです。先ずは、車好きなら皆んな知ってるバギー1970年代にアメリカで大流行して色々な映画にも登場しました。例えば、伝説のカーチェイスが描かれたバニシングin60海岸をバギーで走る場面...

続きを読む

理想のカスタムは楽しい車 フェラーリエンジンを移植したペガサス

自分の愛車をこう変えたい。好きな車の良い処を組み合わせて一台の車にしたい。車好きは、何時もこんな妄想をしているものです。僕もベッドに入った時、トイレで座っている時、電車の移動中もこんな車が有ったらな・・・日常的に考えています。こんな妄想があったのかは、分かりませんが、お気に入りの車にお気に入りのエンジンを載せた車を紹介します。ポンティアックファイアバードへフェラーリ・デイトナのDOHC V型12気筒エン...

続きを読む

ヨーロッパでも軽自動車は楽しい車

今や日本では新車販売の4割を占める軽自動車貧乏臭いなど軽自動車嫌いからは悪口も聞かれます。しかし、日本車の人気が低いヨーロッパでも日本の軽自動車が愛されている事は、余り知られていません。正確には、ボディーのみ軽自動車で、エンジンは1Lクラスだったりしますが・・・人気の理由は、小さなボディーでも実用性が高いことです。そんな一例が、キャンピングカーにされたダイハツハイゼットバンがベースのビアッジオのポー...

続きを読む

シトロエンベルランゴ・マルチスペースは楽しい車

嬉しい情報が入りました。なんと10月19日から日本でシトロエンベルランゴ・マルチスペースの予約が開始されました。シトロエンジャパンのURLhttps://www.citroen.jp...

続きを読む

がんばれホンダ 攻めるホンダは楽しい車

海外、国内の工場閉鎖が伝わるホンダ一体どうしたのか、気を揉むファンは多い実は僕もその一人です。過去のホンダは、苦しい時に皆を驚かす車を発売して、今の地位を築いた。ホンダのホップ、ステップ、ジャンプとは、後発4輪メーカーのホンダが軽自動車に革新を起こしたホンダN360先行他車のエンジン出力が20馬力の時代に、31馬力で度肝を抜いた1967年発売のN360これがホップホンダのこの時代は、2輪ロードレースで全カテゴリを...

続きを読む

無くなってから魅力に気付く物 ホンダ エレメントは楽しい車

アメリカ生まれの日本車は、今では珍しくありません。日本車と言っても、アメリカ生まれの日本人の様に、生き方やフッションは、アメリカ流だったりします。そんなアメリカ生まれの日本車の一台にホンダ エレメントがあります。2000年代の初めに、アメリカの16歳から24歳あたりの若者向けの車として企画され、ミニバンとSUVのクロスオーバーの成り立ちです。デザインモチーフは、ビーチのライフガード・ステーション、サンバを車...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!