FC2ブログ

記事一覧

優しい顔の車は楽しい車

煽り運転の罰則実施が進む中、オラオラ顔の自動車は、まだまだ、数多く発売され、人気車もあります。そんな日本にも、優しい顔の自動車も発売されています。僕が優しい顔の自動車と感じるのは、例えば、1950年代のフィアットのラインナップルパンの車チンクエチェントの記事へフィアット・チンクエチェントフィアット・チンクエチェントの記事へ初代ムルティプラ初代ムルティプラの記事へこの2台、この車ならば、車に乗る前に不...

続きを読む

美しいチャレンジャー 日野サムライは楽しい車

自動車が熱い熱い時代1960年代日本の自動車メーカーは、乗用車を開発し挙ってレースに出場した。今では、トラック、バスの専業メーカーとなった日野自動車も、乗用車を発売しレースにも参戦していた。そんな、日野自動車が関係したレースマシンにサムライと名乗るマシンがあります。当時のアメリカのカーマガジンロード&トラックの表紙を飾った日野サムライ日野サムライは、アメリカのレースマシンコンストラクターのピート・...

続きを読む

スタイルのあるSUVは楽しい車 ランドローバーディフェンダー

自動車の世界で今の流行はアメリカ発祥のSUVです。SUVのカテゴリーは、境界が曖昧、だから、本格的な四輪駆動車もSUVだと思っている自動車好きも多いです。昔から存在する本格的な四輪駆動車はスタイルもあり、存在感が圧倒的だ。そんな本格的で街で目立つ四輪駆動車にイギリスのランドローバーディフェンダーがあります。初代ランドローバーディフェンダーの記事へディフェンダーは、2020年にフルモデルチェンジされ初代の雰囲気...

続きを読む

カモメマークのピックアップトラック 新型マツダBT-50は楽しい車

2019年10月にカモメマークのピックアップトラックBT-50を紹介しました。 マツダBT-50の記事へ噂の新型が遂に発売されました。予想通りシグネチャーウイングを身に付けた、マツダファミリーの顔で登場しました。ベースとなった車は、生産国のタイではベストセラーのピックアップトラックのいすゞD-MAXです。エンジンは、両車共通の小型トラックのエルフに搭載されるものに共通性もある3L・4気筒ディーゼルターボ最高出力190馬力最...

続きを読む

本物は時代を超える JEEPは楽しい車

SUVブームの今、SUVらしさを誰もが感じるスタイルを持った車の代表の一台、JEEPその起源は、4WD自動車の起源とも一致して普遍、第二次世界大戦で活躍したウィリスMBジープへ結び付く。 JEEPのヘリテージの記事へそんな本物の4WD車のJEEP。そのヘリテージを理解する本物のマニアからは、JEEPをSUVと呼ぶ事には、抵抗を感じるかも知れない。けれども、メーカーのAMCは昔からJEEPの普段使いをアピールして来ました。いよいよ時...

続きを読む

新型フォード・ブロンコは楽しい車

出る出ると数年前から噂だったフォード・ブロンコが、噂の通りに発表された。最近では、メーカーが計画的に新型車の情報をリークする事が多いフォード・ブロンコも、同様と思われるその理由は、近年、人気がウナギ登りだった、初代フォード・ブロンコ=アーリーブロンコをフォードは、新型ブロンコで現代解釈して復活させるとの噂が流れていたからだ。新型フォード・ブロンコこちらが、1966年に誕生した最近人気のアーリーブロンコ...

続きを読む

速いハコは楽しい車 No.2

実力を見た目に表さないカッコ良さがある。一見して普通の車が、見るからに速そうに見えるスポーツカーよりも速い事の痛快さ、世界中の車好きは、こんな速く見えないけれど実は速い車の事を、『羊の皮を被った狼』こんな呼び方をしていました。こんな車の振り返りの2回目、レースマシンを中心に進めます。最初は、アメリカでDATSAN伝説を作った、伝説の速いハコDATSAN510 DATSAN510の記事へ1971-72年、SCCA・トランザム...

続きを読む

ダイハツ・タフト 軽自動車のSUVは楽しい車

SUVなんて呼び名が全く無かった1970年代ダイハツは初代タフトを発売した。この時代ではこの形の車は、ジープと一括りに呼ばれていた。1980年代には、アウトドアのブームがあり、4WDのゴツイ車は、クロスカントリーなんて呼ばれ方がされていた。とにかく、初代タフトはジープ、悪路を走破して目的地にたどり着く為の道具だった。そんなタフトが軽自動車のSUVとして2020年に復活した。新型タフトの発売までに、ダイハツは色々なコ...

続きを読む

巨匠のデザインは楽しい車

皆が素晴らしいと評価するデザインがある。そんなデザインの自動車を数多く世界に提供したデザイナーの一人が、ジョルジェット・ジウジアーロ ジゥジアーロからのプレゼントの記事へそんな、ジョルジェット・ジウジアーロが日本のスバルと作り上げた作品がアルシオーネSVXです。デザインの特徴は、グラッシーなキャビンショルダーラインから上は、ガラス面積が非常に多いコンセプトカーの様な構成です。車体へ大型のグラスパーツ...

続きを読む

速いハコは楽しい車

実力を見た目に表さないカッコ良さがある。一見して普通の車が、見るからに速そうに見えるスポーツカーよりも速い事は実に痛快です。世界中の車好きは、こんな速く見えないけれど実は速い車の事を、『羊の皮を被った狼』こんな呼び方をしていました。こんな車を振り返ります。イタリア代表の一台アルファロメオ ・ジュリア・スプリントGT、 アルファロメオ110周年の記事へその素性を更に磨き上げ1965年にレースで勝つ為にボディパ...

続きを読む

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!