FC2ブログ

記事一覧

トヨタセンチュリーは楽しい車 実はハイブリッドの歴史は40年以上前から!

伝統工芸品に並ぶ品質の日本車は何かと、
問われたら、
あなたはどの車を推薦しますか?

僕ならば、
トヨタセンチュリーを推薦する。
このセンチュリーは、
2018年に
3代目にフルモデルチェンジしました。

その目玉は環境対応です。

2代目の特徴は

贅沢なこの車に相応しい
日本車唯一の
V型12気筒のガソリンエンジンでした。


3代目はV12を捨て
ガソリンエンジンのハイブリッドを
採用しました。

センチュリーのハイブリッドは、
実は初めてではありません。
こんなコンセプトモデルがありました。
1975年の第21回東京モーターショーに
トヨタは、
センチュリー・ガスタービン・ハイブリッドを
発表しました。

この車は、
発電用のガスタービンエンジンを
高効率域で定常運転させ、
排気ガスのクリーン化と、
ガスタービンの持つメリットの
低振動や多燃料性等を得ながら、
モーターで走るハイブリッドシステムを
組んでいました。

40年以上も前から、
こんな先進的な開発が行われて
いたからこそ、
世界初の市販車ハイブリッドカーの
プリウスも実現したのでしょう。

3代目センチュリーは、




立派なご先祖様から
伝統工芸、
環境性能や効率を引き継いで
誕生した事になります。
こんなヘリテージを
誇っても良い様に思います。
世界に誇れる車、
センチュリーは楽しい車!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!