FC2ブログ

記事一覧

ポルシェボクスターは楽しい車

誕生時に強烈な印象を残す製品がある。
身近な物では、
スニーカーのナイキエアジョーダン、
腕時計の
ロレックスのデイトナなど
何れも初代を受け継ぐ製品が、
何代も続いている。

自動車も同じだ、
最近ではブランドのヘリテージを
形にした車が誕生する事が多い。

ポルシェが1953年に発売した
550スパイダーは、
ニュルブルクリンクで初優勝し、
続く
ル・マン24時間レース、
カレラ・パナメリカーナ、
ブエノスアイレス1000kmでクラス優勝し
強烈な印象を世界にもたらせた。
生産台数は100台程と言われる。


ポルシェは、
2003年に550スパイダーの
デビュー50周年を記念して
ボクスターをベースに
550スパイダーを再現した。

ボクスターS 550スパイダーエディション
2003年誕生

550スパイダーのヘリテージを
受け継ぐ記念限定モデルだ!
特別に触った箇所も多い

オリジナル550スパイダーの
乗り味や雰囲気を
ボクスターで味合う為に
ポルシェは何をしたのか?

エンジンは、
ノーマルより6ps増 
3.2リッター水平対向6気筒、
266ps/6200rpm

6段MTのシフトストロークも、
通常より15%短く見直し

サスペンションは、
スポーティにリセッティング、
車高はノーマルより10mm低く、
ロードホールディングと横剛性をアップ。

ブレーキは、
ノーマルより径を拡大し
ドリルド・ホールディスクを装着する。

ホイールは、
ノーマルより1インチアップの
18インチタイヤ&ホイール
 
専用の内装


オリジナルの550スパイダーを
現代解釈した、
ボクスターS 550スパイダーエディション
日本への正規輸入台数は61台だったそうだ。

ボクスターS 550スパイダーエディションも
誕生から15年を経た。
今、味わったら、
ポルシェ自慢の水平対抗6気筒エンジンが
味わい深いだろう!

現行ボクスターは、
全く違うコンセプトに変わった。
だから、
将来、貴重な1台になるだろう。

ポルシェを濃く味わう
リアルスポーツカー、
ボクスターS 550スパイダーエディション

僕ならば、
美味い朝飯を食いに、
夜明け前の高速を飛ばして、
伊豆の下田まで、
帰りは峠を楽しんで!
ソロのショートトリップの
相棒には最高だろう!
車は楽しい!
楽しい車!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!