FC2ブログ

記事一覧

アストンマーチン シグネットは楽しい車

ブランドに相応しい製品、
製品の価値がブランドを語るなど、
世の中の製品とブランドは、
密接な関係にあります。
自動車も同じです。

いや、
自動車はブランドと製品イメージは、
他の製品より強いかも知れません。

アストンマーチンは、

CAFE=企業平均燃費を改善する目的で、
トヨタとのジョイントベンチャーで、
環境性能に優れた小型車を開発しました。

その車は、
2011年に誕生した、
アストンマーチン シグネットです。

シグネットのベースは、
トヨタiQです。


アストンマーティンが構想した
超高級小型車のベースに、
iQが選ばれた理由は
以下の4項目が
マッチしたからと言われている。
  ①シャシー性能の高さ
  ②サイズ
  ③高い安全性
  ④プロポーション
iQの出来が素晴らしかったと言う事だ!

シグネットの生産は手が込んでいた。
日本のトヨタ高岡工場で作られたiQを
イギリスのアストンマーチンの
工場へ送り、
アストンマーチンでは、
ボディーや内装など、
シグネット仕様へ組み直しされた。
その工作時間は、
1台当たり150時間を要したそうだ。

シグネットの内装
革など使用し豪華

コンビ内装は華やか

iQの内装は
モダン

エンジンなどメカニズムは
両車に違いはない。

シグネットは
遮音を高級車のレベルに、
合わせて改良されている。

こうして誕生したシグネット、
十分にアストンマーチンらしく、
魅力的に仕上がったと思うが、
市場の評価は・・・
年間4000台の販売目標に対して、
製造中止までの3年間の累計販売台数は、
150台に届かなかったという。
つまりシグネットは、
アストンマーチンのブランドに、
相応しいとされなかった。

僕はベースのiQもシグネットも好き!
その理由は開発コンセプトの
「コンパクトではあるが我慢はない」
に共感するからだ。

超小型車として志しが高く、
普通のメカニズムで、
安心感も高いからです。

特にシグネットは、
外寸、
長さ2985mmx幅1680mmx高さ1500mm
にアストンマーチンの世界観を
作り込んだ拘りが凄い!

小型の高級車は、
ビジネス的に成功は難しい様だ。
ロールスロイス・ミニとして誕生した、
BMW ミニ・
インスパイアード・バイ・グッドウッドも
人気はイマイチでした。

けれど、
車好きは出来の良さや、
何より人と違う車に乗りたいから、
シグネットに反応してしまう!
人気が無いと言う事は、
中古車の価格はお手頃か?
日常で高級を味わうチャンス!
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!