FC2ブログ

記事一覧

80年代に三菱が見せた未来  HSRは楽しい車

80年代後半、
東京モーターショーで、
毎回、楽しみにしていた車の1台に
三菱HSRがある。
HSRとは、
Highiy
Sophisticated-
     transport
Researchの略、
なんだそうだ。

1987年誕生 初代HSR
まず目に付くのが
Cd=0.20を達成したスタイル
構成や素材も最先端、
ボディパネルはケブラー製
295psの2Lターボエンジン、
当時、三菱が世界に発信した
アクティブ4(フルタイム4WD、4WS、
4ABS、4輪独立懸架)を
搭載した夢の車


谷田部のテストコースを
300km/hオーバーで巡航した、

ビデオ映像を今でも覚えている。

三菱も日本も時代の最先端を
走っていると自信があった。


エアブレーキも搭載、
300kmが現実の車ならではだ。


エンジンは、
4G63 DOHC 2000ccターボ
市販車のエンジン採用が憎い


このHSRは6世代まで続いた。
僕が好きなHSRは第二世代まで、
一番好きなのは、
高性能でシンプルな初代です。

高性能なエコ車として、
三菱お得意の
EVやPHEVのパワープラントで
HSRのコンセプトを
市販車としてはどうだろか!

テスラもビックリの
高性能な楽しい車に
なるのではないでしょうか。
ヤッパリ車は楽しい!
楽しい車!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!