FC2ブログ

記事一覧

最後のロータリーエンジン車は楽しい車 マツダRX-8

世界の自動車メーカーで
唯一ロータリーエンジンを
物にした自動車メーカー
マツダ!

そのマツダが最後に作った
ロータリーエンジン車が
RX-8です。


ロータリーエンジン車は、
マツダしか作り続け無かったから、
RX-8は、
世界最後のロータリーエンジン車
となったわけです。


このRX-8!
エンジン以外にも特徴が
あります!
カッコ良い4人乗りスポーツカーなんです。


カッコ良い4人乗りスポーツカーを
実現する為に、
観音開きのドアを採用した。

RX-8の開発条件には、
アメリカの高額な保険を
回避することが含まれていた。
だから4人乗りが絶対条件
4人乗れてカッコ良く、
運動性が高いスポーツカー、
こんな欲張りな車が
RX-8!

RX-8が誕生した2003年当時、
マツダは
アメリカのフォード傘下にあり、
経営再建中だった。

この状況でスポーツカーを
開発する心意気が
マツダのDNA! 

マツダに赴任したフォードからの出向者、
マークフィールズ社長が、
スポーツカー好きな事を知り、
ロータリーエンジンで、

スポーツカーを作りたいと、
技術者が秘密に作った試作車を、
マークフィールズ社長に、
兎に角、乗って見て欲しいと、
直談判した結果、
試乗した社長が
これは素晴らしい!と、
開発にゴーサインが出された事が、
今では伝説になっている。

コストを抑えながら、
走りのパフォーマンスを
両立させる為に、
ノンターボエンジンで
高出力に挑戦した
RENESIS ロータリーエンジン

最高出力 250 PS/8500rpm
最大トルク 22.0kgm/5500rpm

サイド排気ポート方式を採用した
ロータリエンジンは、
抜群の回転フィールと
高出力を得た。

このエンジンは、
2003年度に、
日本機械学会賞(技術)と、
インターナショナル・エンジン・
オブ・ザ・イヤー2003
を受賞している。
日本と世界に、
革新を認められたと言う事だ!

鋭い回転フィールの
ロータリーエンジンに
鞭を入れて、
峠に入ると、
低重心と前後の重量バランスの良さを
誰もが感じるだろう。

2012年の販売終了から、
7年間経つが、
未だ世界中の車好きに、
愛され続けている。




最後のロータリーエンジン車、
4人乗りスポーツカー、
RX-8!!

この車を楽しむ事は、
今が最後のチャンスかも
知れない。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!