FC2ブログ

記事一覧

AUTOMOBILE COUNCIL 2019には楽しい車が一杯 マツダ編

楽しい車のイベント、
AUTOMOBILE COUNCIL 、
その帰り道に書いています。
先ずはマツダから!


今年もブースは全員社員対応。
力の入れ方が半端では、
有りません。
今回の特別プログラムは、
NA、NB、NC、NDの
ロードスターを担当した
デザイナーさん達の
開発当時のエピソードを聞く
濃ーい内容!

こんなにオープンで、
メーカーと車好きが近く、
一体感のあるイベントは
他には無いと思います。
素晴らしい!
楽しい!!

会場には、
NAロードスターと
その試作車が並ぶ


デザイナーさんの話しは・・・

ロードスターの開発は
この一枚のスケッチから
スタートしたそうだ


スケッチから
RX-7 SA型をベースに
試作車が作られた。

この車は、
デュオ101と名付けられたが、
アップル=赤いリンゴ
とも呼んでいたそうだ。

デュオ101


マツダ開発陣は、
デュオ101をアメリカに
持ち込み実際に走らせ、
街での反響をビデオに撮影。
経営陣にこのビデオでプレゼンし、
ロードスタープロジェクトは、
開発にゴーサインが
出されたそうだ。

今回のイベントでは、
この経営陣へのプレゼンビデオが
説明に使われた。
だから話が凄くリアル!

イヤーこの凄い勢い
僕は、
80年代の元気な日本を思いだしながら、
デザイナーさんの話しを聞きました。

ロードスターの開発が始まると、
本物の走り、
本物のfun=楽しさを求めて、
歴代ロードスターが
継承する本格的な
シャーシが作られた。

NAロードスターのシャーシ


ボディーデザインは、
当時マツダが目指していた、
「トキメキのデザイン」を、
形にした。
そこに、
セクレタリーカーユーザーの
取り込みも狙って、
微笑みを加えたそうだ。

NAロードスターの顔は、
確かにスマイル!
この狙いは 大成功だろう!
ディズニー映画のカーズにも
ロードスターは登場する程の
笑顔なんだから!


「トキメキのデザイン」と
スマイルでまとめられたボディー、
ハードは、本物中の本物!
楽しい人馬一体の走りの実現!

発売されたロードスターの
世界中の大反響は
車好きの皆さんがご存知の通りです。

そして、
30年を経たNAロードスターは、
今でも全く古臭く感じない。

むしろ、
そのコンパクトな纏まり故に、
魅力を増している。

マツダは
NAロードスターの
レストアプログラムを
用意しているので、
現代に
新車のNAロードスターを
楽しむことも出来ます。

そして、
人馬一体を継承する現行車、
NDロードスターを
愛車にする楽しみもあり!
いまなら、
ロードスター30周年記念限定車も、

選べます。
なんと幸せなことか。

楽しいイベントに感謝!
マツダに感謝!
そして、やっぱり車は楽しい!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!