FC2ブログ

記事一覧

オートモビルカウンシルは楽しい車が一杯 懐かしい日産セドリック

子供の頃の記憶は、
ある意味、鮮明です。
僕の生まれた実家は、
路線バスの終点でした。

終点なので、
バスは折り返し運転になります。
その折り返し場所に、
自動車教習所がありました。

教習車は、
日産セドリックです。
初代の縦目と


後期の横目

両車がズラリ、
30台以上並んでいる姿は壮観で、
この姿を見る為に、
一人で歩いて教習所へ、
チャッカリ待合室にも入り、
教官も知り合いに、
おう坊主、
また来たのかと常連でした。



だから、
初代セドリックには、
思い入れがあります。 

オートモビルカウンシル2019の会場でも、
初代セドリックを直ぐに発見。



けれど何か違う、
大きい、いや長いのです。
リアに回ってみると
このエンブレムが!

 
運転手付きで使用する
スペシャルでした。
初めて実車を見ました。

1963年に誕生した
セドリックスペシャルは、
横目4灯にマイナーチェンジした
初代セドリック・カスタムの

ホイールベースを205㎜、
全長を345㎜延長
6気筒2800ccのK型エンジンを
搭載した戦後初の
3ナンバー国産大型乗用車なんです。 



装備も凄い、
前後パワーシート、
パワーウインドー

トヨタのクラウン8は、
この車の対抗馬として、
翌年に発売されます。

そして、
もう一台のセドリックは、
ステーションワゴンです。


小さなアメリカ車の様に見えますが、
フェンダーミラーやドアノブの
チョットした仕上げに、
日本車を感じます。


新車と見紛うこの2車を見ながら、
僕は教習所探検のあの時代へ
タイムスリップしました。

販売中のこの2車、
良いオーナーさんと、
楽しい時を過ごして、
ずっと車の歴史と
楽しさを伝えて欲しいです。
車は楽しい!
楽しい車!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!