FC2ブログ

記事一覧

ブランドヘリテージの継承 メルセデスベンツSクラスクーペは楽しい車

新しくなっても、
あの会社のあのモデルと、
直ぐに分かるモデルチェンジを
最近は見かけます


その訳は、
ブランドヘリテージを
大切にしているからでは
ないでしょうか

黎明期から、
ヘリテージを大切にして、
継続している
メーカーやモデルがあります
例えば、
1951年に誕生した
メルセデスベンツ
W111 280SEクーペ
豪奢な世界を魅せる
高級車のクーペモデル

このエレガントなルーフライン
いつ見ても素敵です。

2014年誕生
メルセデスベンツC217クーペ
この車のルーフラインは
何処で見たことが・・・
W111クーペのルーフラインです
リアピラーや
リアウインドのデザインが、
W111がモチーフになっています。


全体の雰囲気はどうでしょうか


前後フェンダーのホイールアーチや、
サイドプレスラインが、
何となく似ています


デザイナーがW111から
メルセデスベンツの豪奢な感じを
どこに感じたのかは、
わかりませんが


メルセデスベンツが考える
最高級クーペに持たせる
雰囲気や考えは
約70年前のW111からも
現行のC217にも
共通して感じます 


C217のデザイナーは、
フロントグリルの
スリーポインテッド・スターを
隠しても、
誰もが、
メルセデスベンツ最高級クーペを
感じるデザインを
意識していると思います


ブランドヘリテージの継承とは、
デザインを含めて
全体的な雰囲気や
車の作り込みで
ブランドの文化を
伝えることだと思う
 
特に、高級車は
見る者にオーラを感じさせ、
オーナーには
そのブランドを持ち使う事の満足を
与えることに繋がる

ジャーマン3はブランド構築や
現行車へ
ヘリテージの作り込みが
実に上手い

日本も70年以上の
モータリングの歴史がある
そろそろヘリテージを感じる
魅力的な車が誕生しても
良い様に思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!