FC2ブログ

記事一覧

ハイソカー は楽しい車  日本人の標準か幻想か

1980年代後半の日本では、
白い4ドアハードトップセダンが沢山売れた。
この流れを作ったのはトヨタ

こんな車達は
ハイソカーなんて呼ばれ方がされていました。
ハイソカーとは、
ハイソサエティカーを略して
こう呼んでいたと思います。

S12型クラウン



70型 マークⅡ


70型クレスタ


70型チェイサー

などが代表だった。

この流れに続けとトヨタでも
他の車でも白い4ドアハードトップを用意した。

カムリプロミネント


カリーナED、



日産では
Y30型セドリック


R31型スカイライン


C32型ローレル


U11型ブルバードマキシマ


三菱はギャランΣハードトップ

など次々と発売された。

内装はバーガンディ色の
モケットシートが多かった。



多くの人がこんな車達を選んだ。
けれども、
自動車評論家は日本はヨーロッパに比較して、
車が大き過ぎるなんて事を言っていた。

僕の周りでも就職してフルローンで
マークⅡやクレスタを買った人は珍しく無かった。
そう、
この時代はこのクラスの車は普通だったんだ。 

今の日本の背高の軽自動車と同じ様に、
ハイソカーが選ばれていた。
この時代も異常だろう、
けれど、
今の背高軽が主流も僕は大変に寂しい。
今ならお金が十分かけられた、
この時代の車をもう一度、楽しむことが出来ます。
普段使いしても全く不自由はありません。
80年代車の専門店もあります。
ミーティングに参加も楽しい!
車ライフが変わります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!