FC2ブログ

記事一覧

日産スカイラインは楽しい車 その2 クラス最強の高性能 楽しい車

スカイラインの歴史、
1960年台から90年台まで日本車の性能が語られる時、
話題の中心はスカイラインだったと記憶する。
日本の高性能車の代表スカイライン、
前回に続きます。
スカイライン・ジャパン以降のストーリーです。

ジャパン、日本の風土が生んだ名車から、
キャッチコピーはスカイライン・ジャパンとなったそうだ。


眠たいSOHC6気筒L20エンジンに
トヨタから、
名ばかりのGTは道を譲る、と喧嘩を売られて、
後期型ではターボで武装!
登場時2000ccクラスで最強となった。


TVドラマ西部警察の劇中でマシンXと登場し話題となった。


高校生の僕は、日曜日の夜、馴染みのGSで常連の先輩達と、
西部警察のマシンXの活躍を大騒ぎして見た事が懐かしい。
排ガス規制対策技術が完成し、
性能を語る日本車が戻って来た嬉しさと、
これから出る車達の夢と楽しさを仲間達と感じた。

R30型ニューマンスカイライン
最初からL20ターボがラインナップ。
この車の思い出は速さです。
市場最強のスカイラインとして登場したRSターボ!
当然2000ccクラス最強で登場した。
ただし4気筒だったためか、GT- Rとは名乗らなかった。


RSターボ登場時にバイク乗りの僕、
4輪の加速の悪さに、
ノーマルの4輪はバイクの敵では無いと仲間たちと話していた。
ある日の真夜中、
出たばかりのRSターボのドライバーと目が合う、
こちらはタンデムだったが、当然、全開、
ミラーに目を移すとミラー中のライトの点が高速になると、
だんだん大きくなって来た、こんなノーマル4輪は初めてだった。

次回に続きます!
今ならエッジが立ったデザインのスカイラインを
もう一度、楽しむことが出来ます。
普段使いしても全く不自由はありません。
専門店もあります。
L型エンジンのチューニングも楽しい!、
FJは荒々しいエンジンフィーリングがまた良し!

ミーティングに参加も楽しい!
車ライフが変わります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!