雰囲気はオリジナル シトロエンHバンキットカーは楽しい車

2 -
忘れられない雰囲気のある
デザインがあります。
ルイスポールセンのP Hランプ
ファイヤーキングのマグカップ
など、
自分のお気に入りのデザインと
一緒に楽しく暮らす、
至福の時間。

こんな、
スタイルのある生活を送る人を
周りの皆さんは
憧れて見ているかも知れません。

車はどうでしようか
単に移動や機能の目的を
果たすだけでは無く、
スタイルを主張する
車があります。

そんな1台が、
シトロエンHバンです。

最近流行の移動カフェに
とても似合う
拘りの商品には
拘りのスタイルがお似合いです。


けれど
機械が苦手な方からは、
シトロエンHバンは古いから心配
もっと手軽に楽しみたい
こんな声があります。

その声に応えて
レプリカが作られています。
右が本家、左がレプリカです。
レプリカと言うよりも、
Hバンの現代解釈版です。


シトロエンHトラック・バンは
1947年に誕生しました。


現代解釈版は、
2017年に
シトロエンHトラック・バン誕生70周年を
記念して
工業デザイナー の
デイビッド・オベンドンファーと
ファブリジオ・カゼラーニさんが
企画をスタートした。


ベース車両は
同じシトロエンの現行車、
ジャンパー


外装パネルをHバン仕様に
変更して作られますが、


チョット新しい解釈も加わり
中々の雰囲気が出ています。


移動の道具にも
雰囲気のあるスタイルがあると、
気持ちが高揚します。


自動車に郷愁を感じる事も
世界共通です。
実用性だけ必要ならば、
こんなビジネスは
成立しません。


移動カフェなどのオーナーは、
自分の拘りの商品に見合った
こんな車をお供にして、
ビジネスをしたいのではないでしょうか
オーナーの商品への拘りが
自然に伝わるこの車


キャンピングカーにした方もいます。
旅のお供にもピッタリ
何処に出かけても、
皆から大歓迎されることでしょう


お気に入りの道具を使い込む
楽しい毎日。
そんな相棒には
シトロエンHバンのレプリカは
ピッタリてす。
関連記事
ページトップ