FC2ブログ

記事一覧

ドリームカーは楽しい車   ビュイック ルセーバーコンセプト

   ドリームカー???と思った方
いるのではないでしょうか?
ドリームカーとは、
自動車メーカーが、時代の空気感、
技術、姿勢、未来の姿を表した車です。
  最近では、
コンセプトカーと呼ばれている車が
ありますが、コンセプトカーは市販車に近く、
夢の車の姿と少し違います。
   現在では、自動運転車も現実的、
カーシェアサービスなど車を持たない
ビジネスモデル提案も活発です。
車に夢を重ねる人は少ない様に感じ、
車好きの僕は寂しいです。
  1950年代、まだ自家用車の普及期だった為か、
皆、車への夢があった。
だからなのか、
夢を形にしたドリームカーを、色々なメーカーが作った。
この夢の車達の中から、 僕が好きなドリームカーを
一台ずつ紹介して参ります。
  第1回は、1950年代のGMのデザイン総責任者、
ハリー・アールさんが、
プライベートで乗っていたドリームカー、
ルセーバーコンセプトです。
   ルセーバーコンセプトは1951年生まれ

ハリー・アールさんとルセーバーコンセプト

バットマンカーではありません!



リアはスタイルは

ジェットエンジンではありませんよ!

1950年代はジェット機の時代
車の夢の姿がジェット機に重ってました。
このデザイン、夢、未来、パフォーマンスが
グサッと伝わります。
この車をプライベートで乗っていた、
ハリー・アールさんは、
64,000km程、楽しんだようだ
未来の車で出かける気持ち
どんなだったのか?
今、この車に乗るならば
僕はスミソニアン博物館へ
ジェット時代のチャレンジャー、
X1やブラックバードに会いに行きたい。
ジェット機デザインのドリームカーで、
ジェット時代のチャレンジャーに
会いに行くのです。
夢って楽しい!!!
ジェット時代のドリームカー
ルセーバーコンセプト
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!