FC2ブログ

記事一覧

救世主エラン カッコ良く楽しい車

  拘り過ぎて、儲かり難い製品を作ってしまう、
走りの良さの為についつい入れ込んで、
作り難く複雑になってしまう・・・
ロータスも同じでした。

そこで計画された車がエランです!

あっ今流の自動車の様に質のコストダウンや
安い部品への置き換えではありません。
走りとコストが両立する設計に
チャレンジしました。
   製造の手間が掛かったエリートの
FRPモノコックシャーシをやめ、
プレス鋼板を溶接によって組み立てた
バックボーンフレームにエンジン、
トランスミッション、サスペンションなどの
主要ASSYを乗せ、
そこへFRPのボディを乗せるデザインへ 
変更した。
    このバックボーンフレームは、
セブンのスペースフレームより短時間で
精度良く作れた。
これこそ真のコストダウンです。
    設計の大きなチャレンジも成功し、
本格的な開発開始から
わずか2年後の1962年には
量産がスタートした。

 1962年のアールズ・コート・モーターショー
に出品されたエランは、
狙い通りセブン並の価格が大反響になり、
順調に売れた。
エランはシリーズ4まで改良され、 
1973年まで販売され、
12,000台以上がオーナーの手に渡った。
    エランで確立した
バックボーンシャシデザインは、
この後35年に渡って
全ロータス市販車の基本デザインとして
採用された。
    エランは世界に輸出され、 大人気となった。
今でも熱狂的なファンが世界中にいる。
     なんでエランに乗るの?
だってカッコ良く、楽しいからだ!
皆、こう答えるだろう!!!
この凝縮感、
一度整備しバリ物に戻して、
初冬の峠道を攻めたい!
鋭い反応に気持ちも身体も
研ぎ澄まされるだろう!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!