FC2ブログ

記事一覧

販売チャンネルの統合 トヨタ車は楽しい車

遂に、この日が来る、
5月からトヨタは、
ネッツ
カローラ
トヨペット
トヨタの
4チャンネルをトヨタとして、
一つにまとめて、
全店で全車種の扱いを始める。

厳しい自動車販売にあたって、
既にチャンネルの差別化は、
扱い車種の違いがあっても、
トヨタはトヨタと、
皆見ていると言われて久しい。

販社のディーラーは
地元資本のトヨタ資本では無い
独立した別会社が多いこともあり、
トヨタディーラーの統合は、
進まなかったが、
遂に、
日産、ホンダに続いて、
統合される。

元々は、
5チャンネルあった、
トヨタの販売チャンネルを、
代表モデルと共に、
振り返ります。

●ネッツ店
元々はトヨタオートの名前だった、
ネッツチャンネルは、
アンチトヨタを取り込む目論みから、
トヨタチャンネルとして
トヨタの名前を全面には出さない。

代表車種はヤッパリ、
スターレットだと思います。
僕の思い出は、この車
JDMスターレットの記事へ

KP61 1978年誕生


軽い車体
FRレイアウト
いじり易い4Kエンジン
そして決定的なのが
買い易い価格。


何人もの先輩が
この車で峠に毎日通って、
ドラテクを磨いていた。

この時代には、
載車も無くレッカーで、
峠へ先輩達のレスキューに
向かった事が昨日の事の様だ、
皆、真面目にコーナーと、
格闘していた。


ネッツ店となってから、
最近の代表は、
オラオラ顔、メッキ顔などと、
何だかかんだ言われている、
この車、
ベルファイヤー
特に30型デビュー時の
挑戦的なTVCMに、
違和感を感じた方が
いらっしゃるのでは、
オラオラ顔も個性の一つではありますが・・・
マイルドヤンキーなんて定義も
この時期でした。


●カローラ店
代表車種はヤッパリ、
お店の名前のこの車、
カローラです。

現行で12代目となる
日本車を代表と言っても良い
カローラ

僕が印象に残っているのは、
この2台

TE27 レビン


AE86レビン
イニシャルDの86の記事へ


TE27 レビンは、
名機2TG
DOHCエンジンを乗せたことで、
カローラとは別物な事が、
一度乗るだけで、
誰もがわかる車でした。


ガソリンスタンドに集まる
車好きの中で、
B110サニーGXに乗る
お兄さんが
随分と無理をして
レビンに乗り換えました。
ガソリンスタンドに集まる車好きの記事へ

僕は小学4年でしたが、
呻る様なエンジン音や
小さなボディーに
装着したオーバーフェンダーが
迫力を感じました。
そしてボンネットを開けると、
結晶塗装の黒いヘッドカバーが、
見慣れた日産のA型とは、
全く違ってカッコ良かった。

事情があって手放す時は、
このお兄さんは
ノーマル派だった事もあり、
当時でも、
ビックリ価格で売れた事も
懐かしい。

現行車でも、
カローラ店の顔は
ヤッパリ、カローラです。

知り合いの
カローラ店の営業さんは、
最後の専売車両だから、
統合までしっかり売りたいと、
胸を張って言っていました。
新型カローラの記事へ


●トヨペット店
チョット敷居を高く
構えていたディーラーが
トヨペット店

代表車種は、
アッパーな車の代表の
マークⅡです。

特にバブル期に売れに売れた、
GX71型、

チョット調べたら、
兄弟車のクレスタ、チェイサーと
合わせて、
1984年8月~1988年7月、
4年間計48カ月で、
合計(セダンも含む)約115万台。
月間平均だと約2万4000台
売れていた事が、
平成を経た令和の今からは、
信じられない。
ハイソカーの記事へ

この車の時代から、
トヨペット店の敷居は
一気に普通になった。


最近では、
マークⅡの後を継ぐ、
マークXが2019年に生産中止に、
そして残念ながら、
モデル廃止となりました。


今のトヨペット店の顔は、
平成からの不況の中でも、
高い人気を維持して、
アジアを中心に
要人送迎車の地位を確立した車、
アルファードです。

30型のデビューCMは
中東のリゾートダウン、
ドバイが舞台となっていた。


●トヨタ店
レクサスチャンネルが出来るまで、
高級車チャンネルとして、
最も敷居が高かったトヨタ店

トヨタ店の顔は、
トヨタ車の歴史を語る車、
クラウンです。



バブル真っ盛りの時代、
若者にもクラウンは人気があった。

僕の周りでは、
自営業の後継や
鬼ローンで無理やり買った、
同年代のクラウンオーナーも
珍しくなかった。

馴染みのガソリンスタンドに、
農家の後継の後輩が
このクラウンの
3.0ロイヤルサルーンで、
満タンにしてと、
突然現れたり・・・
家車だけれど、
実際は高校の卒業祝いで
買って貰ったのが本当のこと、
先々の心配がない
良い時代でした。


僕はこの時代、
真面目にスキーをしていた、
11月から5月までは、
週末や休日は志賀高原や八方尾根の
スキー学校で過ごしていました。
そこで、
知り合いとなったアッパーな方達は、
ランドクルーザーが
とても似合っていました。
高価なランドクルーザー比率が
とても高いことに、
驚きました。

ランドクルーザー80


僕も初めて、
自分の愛車を探しに、
落ち着いた雰囲気の
トヨタ店で商談をしました。

最近でも
トヨタ店の顔は、
変わらずクラウンです。
日本の正しい車として、
輸入車勢のセダンと孤軍奮闘をしています。
新型クラウンの記事へ


●無くなったチャンネルに、
ビスタ店があります。

MR2や
MR2の記事へ


山崎努さんのクレスタが
懐かしいです。

ネッツ店に統合して廃止に
なりました。

2020年5月からは、
以上のチャンネルが廃止されて、
トヨタのどのお店でも、
全てのトヨタ車が扱われます。

当たり前ですがトヨタはトヨタです。
カジュアル店やプレミアム店の
棲み分けをしても、
車好き以外からはトヨタ車は、
皆、同じトヨタブランドと
見られていました。

統合は、
車を売ることから、
サービスを売ることへの
変化点なのでしょう。

トヨタファンの車好きから、
トヨタさんにお願いが一つあります。

トヨタの歴史を語る車達を
末長く楽しめるサービスも
検討してほしいです。

ヨーロッパの自動車メーカーは、
皆、歴史を味方にする
取り組みをしています。

気付きのあるディーラーでは、
既にこんなサービスを初めています。
ネッツトヨタ富山さんの取り組み
新しいディラー ネッツトヨタ富山 あの頃の車は楽しい車の記事へ
ヨタハチのレストアの記事へ

トヨタ流の
歴史を味方に付けるビジネスに
期待します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

二輪車は新車に乗った事がないです。
四輪で新車はランクル(プラド)だけです。

TOYOTAの車は・・
ボディや塗装がしっかりしているイメージがあります

Re: No title

> 二輪車は新車に乗った事がないです。
> 四輪で新車はランクル(プラド)だけです。
>
> TOYOTAの車は・・
> ボディや塗装がしっかりしているイメージがあります


こてつぱんさま

中古車は楽しいですよね。
思いも依らない車とご縁があったり・・・

昭和時代は、
10万円以下で中古車のハイエースが
ゴロゴロありました。

本、和菓子屋さんの配達車だった
ハイエースは車内がアンコの香りが・・・

サーキットに向かうトランポに
本当にお世話になりました。

水とオイルを気にかけるだけで、
乗りっぱなしでも、
黙って仕事をしてくれた
ハイエース
僕の中では、
安心のトヨタ車です。

あの頃のこと。

20代の頃、KP61は身近に何人もオーナーが居ました。
最終型のSi(但し5枚だった)を借りた事はあるけれど、
正直素のままだと大してシャープなクルマでは無くて。
むしろラリースパイク噛ませた4速DXで田沢湖一周タイム
トライアルのナビを体験した際の印象が強いです
(もう30年以上前のハナシなので時効ですよね?笑)。

ツルシで俊敏なのは、むしろFFになったEP71以降だった
様な。特にEP82の手の付けられないダイナマイト振りに
舌を巻いたものです。

ベテラン板金屋の先輩曰く、`80年代初頭までのトヨタ車は
とにかく錆びて朽ちやすかったそう(TE71や最初期型の
ソアラの残存数がソレを物語っている、とも)。

「トヨタはケーピーの時代に防錆のノウハウを学んだのさ。
好き嫌いはさておき、だから平成に入って以降のトヨタ車が
腐って朽ちてるの見た事ないだろ?」とのこと。

ニーナナとナナイチ(の四枚丸目四灯)は別格でカッコイイ
存在。アンチな自分も「硬派の武闘派」と好感を抱いている
マニアックなアイコンです。

Re: あの頃のこと。

> 20代の頃、KP61は身近に何人もオーナーが居ました。
> 最終型のSi(但し5枚だった)を借りた事はあるけれど、
> 正直素のままだと大してシャープなクルマでは無くて。
> むしろラリースパイク噛ませた4速DXで田沢湖一周タイム
> トライアルのナビを体験した際の印象が強いです
> (もう30年以上前のハナシなので時効ですよね?笑)。
>
> ツルシで俊敏なのは、むしろFFになったEP71以降だった
> 様な。特にEP82の手の付けられないダイナマイト振りに
> 舌を巻いたものです。
>
> ベテラン板金屋の先輩曰く、`80年代初頭までのトヨタ車は
> とにかく錆びて朽ちやすかったそう(TE71や最初期型の
> ソアラの残存数がソレを物語っている、とも)。
>
> 「トヨタはケーピーの時代に防錆のノウハウを学んだのさ。
> 好き嫌いはさておき、だから平成に入って以降のトヨタ車が
> 腐って朽ちてるの見た事ないだろ?」とのこと。
>
> ニーナナとナナイチ(の四枚丸目四灯)は別格でカッコイイ
> 存在。アンチな自分も「硬派の武闘派」と好感を抱いている
> マニアックなアイコンです。

狐ヶ丘 紺之介さま

何時もリアルで濃いコメント、
ありがとうございます。

スターレットの体験は、
あの時代に、
走りに目覚めた車好きならば、
何かしら、
体験談を持っていますよね!
今だから時効の話し・・・
僕の周りでも同じです(笑)
解体屋さんの常連でしたから・・・(汗)

> ベテラン板金屋の先輩曰く、`80年代初頭までのトヨタ車は
> とにかく錆びて朽ちやすかったそう

KPのボディーはペコペコでした。
東北の融雪剤が、
KPにとどめを刺した事も納得できます。

> ニーナナとナナイチ(の四枚丸目四灯)は別格でカッコイイ
> 存在。アンチな自分も「硬派の武闘派」と好感を抱いている
> マニアックなアイコンです。

ナナイチ前期4枚・・・
そう来たかと言う感じです。
カッコ良いですね!
トヨタは公式に明かさないけれど
71はジゥジアーロの作品と、
もっぱらの噂ですね。
その中の前期4枚は、
僕も大好きです。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!