FC2ブログ

記事一覧

スズキ100周年おめでとう 楽しい車達

小さな車、大きな未来、
スズキは、
このスローガンを振れずに
ズッと磨き続けて、
今の姿となった様に思います。

時計の針を少し戻して、
思い出のスズキ車を見てみましょう。

一台目は、
伝説のレーサー、
スターリング・モスが、
宣伝に参加した、
コークボトルラインのフロンテ

F1ドライバーの
スターリング・モスと
2輪レーシングライダーの
伊藤光男が
イタリアの高速道路の
アウトストラーダ・デル・ソーレを
使って高速走行チャレンジをしました。
伝説のF1ドライバーとスズキフロンテの記事へ

1967年 誕生 LC10 フロンテと
スターリング・モス


1967年 誕生 LC10 フロンテ


続いて、二台目
世界中の極地で働くプロに
選ばれて50年の歴史を持つ
ジムニーです。
1970年 誕生 LJ10型
ジムニーの記事へ


ジムニーでないと、
辿り付けない現場があります。


大人気の現行型は、
オシャレな車好きにも
選ばれています。
カスタムされた現行ジムニー
カスタムジムニーの記事へ


3台目は
信じられない
実用性をド返ししたバン
キャリーバン
巨匠ジゥジアーロが
デザインした猫背のバンを
市販したスズキは凄い
ジゥジアーロのデザインの記事へ


現行のキャリーバンはエブリーとなり
嘗はライバルだった、
三菱、マツダ、そして日産に
OEM供給される
一大勢力になりました。


4台目は
度肝を抜かれた、
本気の走りの軽自動車
このサイズで
これ程に拘ったメカニズムの車は
数少ない。
1987年誕生アルトワークスRS-R
アルトワークスRS- Rの記事へ


5台目は
マジメ、マジメに、
何代に渡って走りを磨いた
小型車
スズキスイフト
スイフトのCMの記事へ


本気の走りを極める
幅広い車好きに愛されています。
車好きに選ばれるスイフトの記事へ


小さな車、大きな未来、
スローガンにブレが無いけれど、
随分と個性的な車も
作って来ていることが分かります。

今では、
世界企業となったスズキは、
これからも、ブレずに
面白い小さな車を、
車好きや
それを待つリピーターへ
届けてくれるでしょう。

ヤッパリ車
楽しいです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

やっぱりクルマは見た目♪

気がつくと我家はスズキ多いです。

アルト、ノマド、ケイ、ハスラー

作りはもう一つですが、

デザイン好きです。

Re: やっぱりクルマは見た目♪


松岡信男 さま

何時もコメントありがとうございます。

スズキ車を色々と
お乗りになられてますね!
スズキ車には、
独特の世界を感じますね!

バイク乗りのスズキファンは、
スズキ菌が回ったなんて
言う方もいたり・・・

実は僕にもスズキ菌が回って、
隼に長く乗っています。

Sマーク、
年を重ねる程に
カッコ良く見えてしまうのは、
親バカなんでしょうね!



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!