FC2ブログ

記事一覧

少年マンガの楽しい車達

1970年代、
中学生はほぼ皆、
少年マンガを読んでいた。

少年マンガは、
流行を作り出す力を持っていた。
少年ジャンプが作り出した
流行の一つは、
サーキットの狼が起点となった
スーパーカーブームです。


サーキットの狼には、
数多くの名車が登場しました。

当時の少年ジャンプでは、
スーパーカーの
紹介ページがあったりして、
そこから
自動車ファンになった
少年もいました。

僕の友達だったY君は、
典型的な例で、
サーキットの狼が始まるまで、
車に特別詳しくなかっかのに、
急にY君は、
スーパーカーの
生き字引になって行った。

そのY君が一押ししていた
スーパーカーは、
フェラーリ512BBでした。
スーパーカーは楽しい車の記事へ


なぜ、
フェラーリ512BBなのか、
理路整然と語るY君の前では、
誰も反論が出来ません、



最初の頃は、
僕がロータスヨーロッパは、
標準モデルのエンジンが
ルノー製OHVだったことを
教えてあげていたのに・・・
ロータスヨーロッパの記事へ


スーパーカー博士となったY君は、
ランボルギーニのカウンタックが
No.1スーパーカーだとの意見を
理路整然と口プロレスで
論破する様になっていた。
カウンタックの記事へ


Y君の主張は、こんなだった。
まずフェラーリは名門、
レース成績も素晴らしいし、
F1にも参戦している。
第一回 F1日本グランプリの記事へ

1976年の日本グランプリでの
ニキ・ラウダとフェラーリ312T2


対して、
ランボルギーニは、
レース成績が全く無く、
レース自体に参戦していない。
その時点で、
フェラーリと比較は論外。

こんな主張だったと思う。

皆が真剣に、
こんな口プロレスを
していたのだから良い時代でした。

大きな仏壇屋さんの
後継だったY君、
大人になったら大金を稼いで、
フェラーリ512BBを
手に入れたいと言っていた。


もし、
実現させていたら、
素晴らしい造型の
12気筒エンジンを
毎日眺めてから
仕事を始めているのかも
知れない。


僕はと言えば、
好みはY君と同じ
フェラーリだったけれど
デイトナが好みだった。
そして、
それは今も変わらない。
フェラーリデイトナ2の記事へ
フェラーリデイトナ1記事へ


こんな夢を語らせてくれた、
少年ジャンプと
サーキットの狼に
感謝したいけれど

今の時代、
車に夢を重ねる人々が
少なくなった事がとても悲しい。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

今は電車で漫画本を読む人はほぼいない‥
この当時の漫画は何だか夢(憧れ)があった。
そういえばナナハンライダーと言うのもあった。
初期の頃の光君が好きでしたョ。

Re: No title

こてつぱんさま

何時もコメントありがとうございます。
ナナハンライダー、
僕も、これを読んで
バイク通学に憧れました。

3ナイ運動の真っ只中に、
コッソリ休んで試験場へ
免許を取りに通った事が懐かしいです。
バイク通学は勇気が無かったです。
ヘタレだな〜

工業高校に通っていた、
バイク仲間は、
Z2で通っていましたが、
バイク置き場は高校側の秘密の場所、
そこで、Z2が盗まれて・・・
皆んなで探した事も懐かしいです。
犯人は同級生だったのが落ちです。

こんにちは!
先ず今あんな漫画があっても、子供が食いついてくるとも思えません…というか、少年漫画自体の読者の平均年齢も上がりました。

軽かミニバンしか見たことない、親の車の車種を知らない時代ですから!

私は単純にデザインでカウンタックが好きで、何れ買うと思っていたのに、今や全く欲しいとも思いませんね…。

ナナハンライダーって85年までやってたんですよね!最後の頃は、モロにあだち充の画風でした!

CB750Fが出た後は苦しかったと思いますよ!あと数年続いていたら、逆にレトロブームの波に乗れたかも知れません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!