FC2ブログ

記事一覧

厳つくてイカス楽しい車

何も語らなくても、
そこに佇むだけで、
何だか威厳を感じる存在とは・・・
要人のSP、
五つ星ホテルのドアマン、
しなやかなプロアスリート
屈強な格闘家など・・・

自動車からも、
そんな感じを受けた事は
ありませんか。

例えば、
シャープな面構で
頼り甲斐のある
用心棒の様な、この車、
フォード・ラプター

ラプターの記事へ



ラプターの兄弟には、
アメリカンバイカーが愛する
魂のバイク
ハーレーダビッドソンとの
厳ついコラボレーション仕様も
何年も前から続いています。


現行車では、
トノカバーには
ハーレーダビッドソンの
ブランドマークが
刻印されています。


続いて、
最前線の兵士の
緊張感が漂うこの車、
コイツとなら、
砂漠のど真ん中に
行けと命令されても、
ハイ、行って来ますと、
涼しい顔で返事を返せる
ランドクルーザー200

ランクル200 V8ディーゼルの記事へ



超強力な
V8ディーゼルターボエンジンを
乗せている事がポイント

1VD-FTVエンジン
・V8 DOHC 32バルブ 
      ツインターボディーゼル
・排気量: 4461 cc
・参考出力: 265 PS/3,400rpm
・参考トルク: 
     65.8kgm/1,600-2,800rpm


厳つい車は、
SUVだけでは有りません。
5星ホテルの
バレットパーキングに佇む
存在感のある車。

ホテルのエントランスに
この車が見えたら、
ドアマンの背筋が
更にピンと伸びるだろう。
ロールスロイス ゴースト


ロールスロイスの記事へ

ゴーストの少し前の
ご先祖さまも
渋い2トーンカラーを
纏っています。
押さえの効いた知的なオシャレが
見る人へ威厳が伝わります。
1959年ファントムⅤ


日本のトヨタブランドの
最高級車センチュリー
ショーファーカーとして、
開発されたセンチュリーですが、
トヨタの社長にして
車好きモリゾウさんが
構想に携わったと噂が立っている
オーナーカーとして
カスタムされたセンチュリー。
仕事はもちろん、
箱根駅伝に貸し出しをして、
その存在感が車好きの
話題になりました。
今では、
GRショップで購入可能です。


同門のトムスも
センチュリーをカスタムしています。
GRよりさらに、
スポーティ感が高く感じます。


厳つさと、
威張った感じとは紙一重、
このバランスが難しいです。

存在感があって、
決して威張った感じもさせない
厳つい車達

こんな車達を
手にした車好きには、
車の品に似合う様に、
上品に楽しんで貰いたい。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!