FC2ブログ

記事一覧

美しい車は楽しい車 日野コンテッサ900スプリント

美しい車とはどんな車なのか?
美しいデザインに世界中の
自動車メーカーがチャレンジしています。
1960年代、自動車作りが
ヨーロッパやアメリカに
遅れていた日本で、
美しい車作りにチャレンジした
メーカーの一つに日野があります。
日野?
まさかトラックメーカーの?
そうです!
今はトラック、バスメーカーの日野は、
1960年代には乗用車を作っていました。
しかも、
こんなに美しい車を作りました。

日野コンテッサ900スプリント 1962年


デザインは、
イタリアのジョバンニ・ミケロッテイ


このコンテッサ900スプリント、
日野がランニングギアをイタリアに輸出、
ミケロッティがボディーを製作、完成車とし
ヨーロッパ、アメリカで、
1,000 台程度の販売すると言う
とても ベンチャーで挑戦的な
ビジネスモデルだった。

カタカナの日野エンブレム


価格は、当時のアメリカで
90万円を想定だったそうだ、
ちなみに、
1963年デビューのポルシェ911は
アメリカで248万円ぼどだったそうた。

今の日本でこんな挑戦的な
企画が出るでしょうか?



けれど、
この企画は実行されず、
この美しい車は、
1962年のトリノショーの大輪の花で
終わってしまった。
本当に残念です。

美しい車は世界の財産
美しい車は見ているだけでも楽しい。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

t34hayabusa

Author:t34hayabusa
FC2ブログへようこそ!